ビヤフェスティバル「第6回恵比寿麦酒祭り」、いよいよ本祭スタート!

PR TIMES / 2014年9月11日 18時1分

秋風が心地よい“大人の街”恵比寿が黄金色に染まる4日間(12日から15日まで、@恵比寿ガーデンプレイス)を楽しんでください



毎年20万人が楽しむ恵比寿の風物詩、ビヤフェスティバル「恵比寿麦酒祭り」。「ヱビスビール」誕生の地で商品名が駅名になるなど、恵比寿に根ざすサッポログループが総力を挙げて街を盛り上げる「恵比寿麦酒祭り」が、いよいよ明日12日(金)から15日(月・祝)までの4日間(時間:初日17時から21時、2日目以降11時30分から21時、いずれもLO:20時30分)、開業20周年を迎える「恵比寿ガーデンプレイス」で開催(入場無料)されます。

日本のプレミアムビールの先駆けとして120年の歴史を誇るヱビスビールをはじめとする4種のヱビス(ヱビスビール、ヱビス プレミアム ブラック、ヱビススタウト クリーミートップ、琥珀ヱビス)と、東北食材を使った料理(@センター広場)やジンギスカンからフレンチまで恵比寿ガーデンプレイスの人気6店のスペシャルメニュー(@時計広場)などを、屋外ビヤフェスティバルならではの雰囲気の中で味わっていただけます。

2009年からはじまり6回目を迎える今年も、心地よい秋風を感じながら友人や同僚、恋人や家族とヱビスビールを飲みながら存分に楽しんでください。

◆センター広場
“日本初のビヤホール”の名前を冠した「恵比寿ビヤホール」が麦酒祭り限定でオープン!します。仙台に工場を有し、復興支援をする東北の食材を使ったフードメニューを今年も提供。会場で販売するヱビスビールの売上全額を「ハタチ基金」を通じて、東日本大震災の被災地の子供たちのための放課後学校「コラボ・スクール」に寄付します。また、恵比寿を拠点に活動するアーティストや東北の自治体によるステージなど期間中盛りだくさんの内容で楽しめます。 


◆時計広場
ジンギスカンからフレンチまで恵比寿ガーデンプレイスの人気6店がスペシャルメニューで出店します。

◆シャトー広場
子ども連れも安心!家族でゆっくりと楽しめる空間です。リボンちゃん&レモンじゃとふれあったら、リボンちゃんSLで会場を一周する「リボンちゃんトレイン」へ是非、乗車ください(1回300円 ※小学生未満は無料)。大人はヱビスビール、子どもは「レモンドリンクスタンド」でレモンを使ったソフトドリンクで喉を潤しませんか?


◆ヱビスビール記念館
ブランドコミュニケーターが100年を超えるヱビスの歴史やエピソード紹介する「ギャラリーツアー」や、ヱビスの深いコクを楽しみながら3度注ぎにもチャレンジできる「ヱビス講座」など、大人の知的欲求が満たされることは間違いなし。会場内で唯一となる「パーフェクトヱビス」もテイスティングサロンにて提供します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング