「つい…」で年間16万円以上が消えている!? コンビニ・ネットショッピングでの“プチ衝動買い”働く男女の6割が経験・冬のボーナスが“プチ衝動買い”でなくなる前に、予算分だけ事前にチャージ!

PR TIMES / 2014年12月11日 10時39分

「au WALLET カード」で手軽に始めるお買い物管理

「au WALLET」を提供するKDDI株式会社では、このたび、20代~40代の有職者男女500名を対象とした「消費に関する意識・実態調査」を行いました。



◆ コンビニ・ネットショッピングの性!? つい予定外のものを買ってしまう“プチ衝動買い”

 今回は、コンビニまたはネットショッピングで予定や目的にないものをつい買ってしまうことを“プチ衝動買い”と名付け、20代~40代の男女500名に、普段の消費についての意識・実態を調査しました。

 “プチ衝動買い”の経験について聞いたところ、63%が“プチ衝動買い”の経験ありと回答。年代・性別ごとに見ると、20代女性が最も“プチ衝動買い”をしており、その割合は84%と大多数にのぼりました。また、女性の方が“プチ衝動買い”をする割合が多く、買い物の際、予定外のものを買ってしまいがちな傾向が明らかになりました。
 どのようなものを“プチ衝動買い”しているのかを聞いたところ、コンビニでは「ごはんを買いに行ったはずが、余計なお菓子やアイスもつい買ってしまう」(35歳・女性・会社員)といった、食品・飲料をついでに買ってしまうというコメントが目立ち、「飲み物を買うだけの予定が結局店内を一周して、新商品を発見すると買ってしまう」(27歳・女性・公務員/団体職員)など、目に付いたものを買ってしまうという声も多く集まりました。
 一方、ネットショッピングでは、「送料を無料にするために他のものも購入してしまう」(27歳・男性・会社員)、「関連商品をつい見てしまい、買ってしまう」(27歳・女性・会社員)など、ネットショッピングならではの経験談が寄せられています。


◆ “プチ衝動買い”癖で無意識に消費?コンビニ・ネットショッピング代は、年間16万円以上にも!

 次に、“プチ衝動買い”で実際に使う金額についても調査。“プチ衝動買い”経験者に対して、コンビニ、ネットショッピングの利用頻度と、1回あたりの購入金額について調査をし、1ヵ月あたりに使う金額を算出したところ、平均は13,641円となりました。“プチ衝動買い”をする人は、年間で16万円以上をコンビニやネットショッピングで使っていることが分かりました。例えば2014年の新社会人にとってみると、16万円という金額は給与の約1ヵ月分弱。平均初任給200,400円(大学卒)※1の大部分が“プチ衝動買い”癖により消えていると言えます。
※1 『平成26年賃金構造基本統計調査結果(初任給)』(厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/14/01.html)参照

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング