HAL東京の学生がダイバーシティ東京の公式プロモーションビデオを制作

PR TIMES / 2014年9月18日 16時1分

IT・デジタルコンテンツ分野の学校法人・専門学校 HAL東京(東京都新宿区、校長 鶴保征城、以下HAL東京)は、“実物大ガンダム立像”で知られる東京・お台場の複合商業施設「ダイバーシティ東京 プラザ」(東京都江東区)との産学連携プロジェクトを実施、HAL東京の学生チームが制作した「ダイバーシティ東京 プラザ」公式プロモーションビデオが9月17日(水)よりフェスティバル広場の大型LEDビジョンなどで放映開始となりました。



「ダイバーシティ東京 プラザ」は、“実物大ガンダム立像”や、様々なイベントが行われるライブホールZepp DiverCity (TOKYO)、ボウリングやカラオケで人気のラウンドワンスタジアム、最新のファッション・グルメショップなどが集結した東京の新名所。そのコンセプト「劇場型都市空間」をテーマに、CG映像学科とミュージック学科の学生が協力し、実際のプロの現場同様に映像と音楽をコラボレーションさせた作品を制作しました。「ダイバーシティ東京 プラザ」関係者によりコンペ形式で審査を行った結果、最優秀作品1点と優秀賞2点が選ばれました。

最優秀賞に選ばれたプロモーションビデオは、楽しくファミリーでくつろぐ時間をイメージした、ほのぼのとした作品。ダイバーシティ東京のフェスティバル広場の大型LEDビジョンや館内などで9月17日(水)より放映されています。

HAL東京は、即戦力となる人材を育成する実践的な教育カリキュラムの一環として、企業と連携し企画立案から商品化までを学生が手がける「産学直結ケーススタディ」を数多く実施しています。

■ダイバーシティ東京 プラザ http://www.divercity-tokyo.com/
■学校法人・専門学校 HAL東京 http://www.hal.ac.jp/tokyo/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング