名古屋地区初 野球中継で解説放送を実施

PR TIMES / 2015年9月16日 16時57分

CBCテレビでは今月21日(月・祝)のプロ野球中継「中日×巨人」戦で、視覚障害者向けの解説放送を実施します。この試みは名古屋地区で初めてとなります。

 CBCテレビは今月21日(月・祝)のプロ野球中継「中日×巨人」戦で、「解説放送」を実施します。今回の「解説放送」は、主音声でアナウンサーと解説者が行う通常の実況とは別に、独自のアナウンサーと解説者を立てて、副音声で放送対応します。その内容は、試合の中継に加えて、テレビ画面に映る選手の動きや画面に表示される文字情報などを音声解説するもの。視覚障害者のいる家庭で、家族揃って同じ野球中継を楽しんでいただこうという取り組みです。
 これまでCBCテレビは、「十津川警部シリーズ」などでおなじみ、月曜夜9時からの2時間サスペンス枠「月曜ゴールデン」と、10月に放送するCBCテレビ制作の全国ネットドラマ(※今年は10月3日放送「スペシャルドラマ 三つの月」)で「解説放送」を実施してきましたが、生番組、野球中継での解説放送は、CBCテレビとして初めての試みです。
 ※野球中継の解説放送は全国で朝日放送(ABC)に次いで2番目。名古屋地区では初。
 
 今回の「解説放送」実施にあたり、社会福祉法人名古屋市身体障害者福祉連合会常務理事の橋井正喜(はしい まさき)さんを招いて、勉強会を実施。スポーツ部の野球中継担当者やアナウンサーの計5人が、以下の様な注意点を確認しました。
 ・視覚障害者は、家族とテレビを楽しむ事が多い。その場合、(家族の事を考慮すると)言葉が多すぎるのは良
  くない。
 ・選手の表情をしっかり盛り込む。
 ・中日ファンばかりではない。相手チームの選手、背番号などの情報を伝える。
 
 橋井さんには、放送当日CBCテレビの「解説放送」用スタジオの隣にスタンバイしてもらい、次に繋がる参考意見をいただく予定です。

 ◆放送:9月21日(月・祝)14:53~16:50
  タイトル:燃えよドラゴンズ2015「中日VS巨人」(ナゴヤドーム)
  放送形態:音声多重
       主音声/実況:高田寛之(CBCアナウンサー)、解説:山田久志、立浪和義
       副音声/実況:角上清司(CBCアナウンサー)、解説:彦野利勝

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング