当社小松、総務省地域力創造アドバイザー登録のお知らせ

PR TIMES / 2016年4月15日 10時22分

ビジネスで培ってきた知見やノウハウで、地域活性化に貢献!

この度、竹炭インテリア事業を行う株式会社TAKESUMI(本社:東京都新宿区、代表取締役:小松 裕介、宮野 眞紀)の代表取締役社長である小松 裕介氏が、平成28年4月1日(金)より、総務省地域力創造アドバイザーに登録されましたので、お知らせいたします。



[画像: http://prtimes.jp/i/17843/3/resize/d17843-3-344419-1.jpg ]



この度、竹炭インテリア事業を行う株式会社TAKESUMI(本社:東京都新宿区、代表取締役:小松 裕介、宮野 眞紀)の代表取締役社長である小松 裕介氏(以下「小松氏」という。)が、平成28年4月1日(金)より、総務省地域力創造アドバイザーに登録されましたので、お知らせいたします。なお、当社においても、本日開催されました当社取締役会において、小松氏の同職への登録について、承認しております。

総務省では、地域独自の魅力や価値の向上に取り組むことで、地域力を高めようとする市町村が、地域活性化の取組に関する知見やノウハウを有する外部専門家(地域力創造アドバイザー)を招へいし、指導・助言を受けながら取組を行う場合の外部専門家に関する情報提供及び招へいに必要な経費について総務省が支援する外部専門家制度を設けております。

同制度において、当社の代表取締役社長の小松氏は、今までのビジネスで培ってきた経験を活かし、積極的に地域活性化に関する知見やノウハウを提供してまいります。

当社は、平成28年3月に、古くから縁起物とされている日本の竹炭を使用した贈答品用の竹炭インテリアを販売するECサイト「祝い竹炭」(URL: http://www.iwai-takesumi.com)を開設するなど、竹炭インテリア事業を通じて、地方創生、クールジャパン・インバウンドビジネス、雇用創造及び森林保護を達成することを目的としております。


そのため、当社としても、地域活性化において、当社の竹炭インテリア事業を活用できる場合、総務省地域力創造アドバイザーに登録された小松氏とともに、積極的に事業展開・貢献してまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング