デジタルサイネージ導入を支援する総合コンシェルジュ『アクトナイン』をサービス開始

PR TIMES / 2016年11月22日 10時2分

~急ピッチの“技術革新”と、発展途上の“業界体質”が障壁だったデジタルサイネージ導入を、『アクトナイン』が水先案内人としてワンストップで支援します~

新規事業立ち上げ支援等を手がけるエフィジェント株式会社(本社:東京都中央区銀座、代表取締役:赤秀有為)は、デジタルサイネージ導入をワンストップで支援する総合コンシェルジュ『アクトナイン』を2016年12月1日よりスタートいたします。
サイネージ黎明期より8年にわたる事業実績と、70社の優良企業との連携を活かし、中立的立場からクライアント毎に最適化したデジタルサイネージの構築を実現します。



[画像1: http://prtimes.jp/i/22612/3/resize/d22612-3-893634-0.jpg ]

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた政府のICT推進プランでは、デジタルサイネージを最重要分野のひとつと位置づけており、今後、官民を挙げた取り組みで普及に弾みがつくと見込まれています。2014年には1,054億円であった市場規模も、2020年までには約2.6倍の2,717億円程度にまで拡大すると予想されています。(富士キメラ総研「デジタルサイネージ市場総調査」)

デジタルサイネージは技術革新が急ピッチで進み、飛躍的に高度化・多様化する一方で、多彩な選択肢の中から顧客自身がシステムを選定する事が難しくなっています。しかし受け皿となるべき業界内には守備範囲の狭い小規模業者が林立し、顧客ニーズに基づいた総合的な提案ができる「システムインテグレーター」が見当たらない、価格設定が不明瞭など、発展途上の業界体質が普及の足かせとなっています。

デジタルサイネージの総合コンシェルジュ『アクトナイン』は、このような問題に対処するため中立的立場から最適の新技術を機能的に組み合わせ、顧客の利益に資するシステム構築・運用を実現するサービスです。

『アクトナイン』の運営会社エフィジェント株式会社は、デジタルサイネージ分野で8年間の事業実績を有し、これまでに大手印刷会社のデジタルサイネージ事業立ち上げ、総合スーパーの店内広告メディア事業、大手化粧品会社の店頭メディアサービス等を支援してきました。その過程で培った、専門技術を有する70社の優良企業との連携や事業ノウハウを活かし最適なソリューションを提供します。


■『アクトナイン』の特長

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング