みんなでつくるタイムマシン!一般社団法人1964 TOKYO VR設立と「1964 SHIBUYA VR」プロジェクトスタートのお知らせ

PR TIMES / 2017年10月25日 19時1分

2017年10月25日
報道関係各位
1964 TOKYO VR広報事務局

 この度、「一般社団法人1964 TOKYO VR」を設立し、第1弾プロジェクトとして、渋谷を拠点にした「1964 SHIBUYA VRプロジェクト」をスタートします。

 「一般社団法人1964 TOKYO VR」は、過去の写真から「記憶の中の街並み」を3DVRで再現するプロジェクトを推進するために、発起人であり代表理事の土屋敏男(日本テレビ)と齋藤精一(ライゾマティクス)、永田大輔(DISTANT DRUMS)の3名が理事となり設立されました。



 当法人は、当時の写真を現代の3D技術を使いVR化することで「記憶の中の街並み」を再現していくプロジェクトを推進するために設立されました。個人・企業に参加頂きながら、みんなで写真を集め、様々な地域でプロジェクトを展開していくことで、プロジェクトに参加頂いた方が記憶の中の街並みを実際にVRで回遊する体験を提供していきます。

 第1弾としてスタートする「1964 SHIBUYA VR」プロジェクトは、東京オリンピックが開催された1964年当時の渋谷界隈の街並みをVRで再現していくプロジェクトです。2020年に向けてますます世界から注目されている「渋谷」。その渋谷という街が1964年の東京オリンピック当時どのような風景だったのか、、1964年当時の写真を収集し、渋谷の街並みをVR化していきます。

 当時の貴重な写真を、東京急行電鉄株式会社、渋谷区、宮益坂町会、読売新聞から提供して頂き、オートデスク株式会社からの技術協力によりプロジェクトをスタートしました。また、バンタンゲームアカデミー、デジタルハリウッド大学の教員・学生にも産学協同プロジェクトとして制作協力頂いています。今後は広く個人・企業の皆様へ写真提供や技術提供を募ることで、高精度のVRとなった街並みを再現していきます。

 また、このプロジェクトは「記憶の中の街並み」を再現するという活動理念に賛同頂ける方と創っていく共同プロジェクトとして運用していきます。そのためにも活動を支援してくださる個人・団体の賛助会員の募集を開始し、第1号特別賛助会員として萩本欽一さんに参加頂くことが決定しました。

 記憶の中にある街並みをみんなで再現し、VRとして体験することは、言わば「みんなで作るタイムマシン」です。未来に向かって歩み続ける東京の「街並み」を未来に残していけるよう、継続的なプロジェクトとして活動していきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング