住まうように旅する~”週末小田原暮らし”を楽しむための「たてものさんぽ」ブックを発行

PR TIMES / 2018年8月31日 10時1分

(株)こゆるぎマルシェは、市街に残るレトロな建物や風景をやわらかいタッチで描いたビジュアルブック「小田原たてものさんぽ」の発売を9月1日より開始します。

◆【ビジュアルブック概要】
冊子名:「小田原たてものさんぽ」
発行:こゆるぎマルシェ
著者:たなかきょおこ (やわらかな色合いで風景や建物を描くイラストレーター。小田原在住)
仕様:148x148mm /20ページ/ オールカラー
定価:本体800円+税
オンラインショップ : https://koyurugi.jp/odawarasanpo



[画像: https://prtimes.jp/api/file.php?c_id=36079&t=animationGifImage&f=agd-36079-3-1.gif&img_id=1535666716 ]




◆”住まうように旅する”~「週末ときどき小田原暮らし」のススメ
毎日満員電車で通勤し、休日の内1日は寝て過ごす。都心のオフィスで働くそんな人達に、(株)こゆるぎマルシェは「週末ときどき小田原暮らし」を提案します。
自然豊かでゆったりとした空気の流れる場所で週末過ごすことで心身ともにリフレッシュし、新たなアイデアや翌週からまた元気に働く活力が湧いてくると考えるからです。

金曜はテレワーク、土日は地元開催のイベントに参加したりまち歩きを楽しんだり。
東京から新幹線で約30分、気軽に足を運べる小田原でこそ実現できる新しいスタイル。
そんな”週末小田原”で過ごす際のお供に、と作ったのがこのブックです。レトロな建物や美い風景の絵が詰まった小さなブックが、後日改めて見返したり、次の滞在に思いを
馳せたりする、小田原と訪れた人々をつなぐツールになればと願っています。

*ブックには小田原滞在をさらに楽しめる特典が抽選で当たるくじが同封されています。
(特典例:「みかん収穫ボランティア」、「小田原おしゃべり読書会」などのイベントへの招待など)

<取扱店>(*9月1日時点、順次拡大予定)
-METRO MARUTA (小田原市栄町1丁目1−7 ハルネ小田原内)
-そろりと小田原 (小田原市本町4-1-21 本町ビル1A 水曜定休)
-小田原まちセッションズ ケントスコーヒー (小田原市本町3-4-21 不定休)
-Onlineshop : https://koyurugi.jp/odawarasanpo

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング