コンテクスチュアル広告GumGumが旅行業界向けの「GumGum トラベルパッケージ」をリリース

PR TIMES / 2019年10月6日 3時45分

AIを活用した独自のアドテクノロジーを提供するGumGum(ガムガム)は、当社の「コンテクスチュアル広告」を活用し、旅行業界向けに特化した「GumGum トラベルパッケージ」のリリースを発表しました。

GumGumは、独自のAI画像認識技術を活用したコンテクスチュアル(文脈)ターゲティングにより、記事ベースで広告を配信することができるデジタルマーケティングを提供する企業です。良質なユーザーに効率的にリーチできるGumGumの広告は、国内の様々な企業にご利用いただいています。
今回は、ホテル日航関西空港で予約販売部 マーケティンググループ チーフマネージャーの横山雄一郎様に、GumGum トラベルパッケージ導入の経緯や効果についてお伺いしました。





[画像1: https://prtimes.jp/i/41130/3/resize/d41130-3-562942-2.png ]

GumGum トラベルパッケージについて
2020年に行われる国際スポーツイベント、さらに大阪万博の開催が予定される日本では、日本を訪れる外国人観光客の増加が期待されています。それに伴い旅行業界では日本の観光資源を活用した海外へ向けてプロモーションを検討する機会が増えることが予想されます。そこで、GumGumは旅行業界に特化したGumGum トラベルパッケージをリリース。独自のコンテクスチュアル(文脈)ターゲティングを活用し、従来型である過去のデータを活用した“旅行興味層”への配信ではなく、”リアルタイムで日本に興味があるユーザー”へアプローチをすることが可能です。配信面は主に欧米諸国の英語および日本語の記事が対象となります。

事例のご紹介 ホテル日航関西空港

[画像2: https://prtimes.jp/i/41130/3/resize/d41130-3-274504-1.png ]



聞き手 GumGum Japan
話し手 横山様


Q. 横山様のご担当領域を教えてください。
A.自社ホテルに関するマーケティングを担当しています。ホテル日航関西空港は空港に隣接されているホテルですので、交通需要とホテル需要がほぼ同一となるために、弊社としては国内線および国際線のすべての到着便、出発便の現在ルートを意識しながら、就航している都市や国に集中してマーケティング資源を投資しています。


Q. 具体的にどのようなマーケティング活動を行うことがありますか?
A. まず、ホテル日航関西空港が注力している領域は大きく分けて2つあります。

1つめが国外へのプロモーション、2つめがホテル内レストランの国内需要の掘り起こしです。ナショナリティーやターゲット層に応じた形でマーケティングプランを組んでおります。

具体的には、自社HP上でのコンバージョンを狙ったスマートディバイス向けWEB施策等を行う一方で、地元 泉佐野市の近隣地域への紙媒体やポスティングを行うなど、トラディショナルなアプローチを取ったりしています。今後は色々な試行錯誤の上で、トライアンドエラーを重ねて成功法則を見つけようと模索しています。
[画像3: https://prtimes.jp/i/41130/3/resize/d41130-3-913693-0.png ]

Q. 現状のマーケティング活動は多岐に亘ると思いますが、その中でも何か課題に感じていることはありますか?
A. ターゲットが多岐に亘るということで同時で実施する施策が多いということを課題に感じています。その中で精緻なプランニングを行う為には外部パートナー企業との連携、という点が重要と考えています。

Q. 多くのパートナー企業がある中で今回GumGumを選んでいただいた理由を教えて下さい。
A. まず私がGumGumを知ったきっかけが、日頃旅行業界のトレンドなどを得る為に海外旅行関連の記事を閲覧していた時に、航空会社が配信しているGumGum広告へ接触したことです。1ユーザーとしてハワイ関連の記事にハワイ関連の動く広告と接触した時に、「面白い、これはユーザーに刺さるのでは。」という感覚を元にGumGum Japanへ問い合わせをしました。

Q. ありがとうございます。導入していただく際に何かハードルはありましたか?
A. 広告を実施する前に弊社内では「このような斬新なアプローチがあるのか」という反応がありました。特に弊社内で評価が高かったポイントが、GumGum広告の特徴である関連性が高い記事へリアルタイムで自社広告を配信できるということでした。特に広告の無駄打ちを最低限に抑えることができるという点がポイントだったと記憶しています。

Q. 実際効果はいかがでしたでしょうか?
A. 現在2回ほどキャンペーンをお願いしておりますが、狙い通りのターゲティングと通常バナーでは表現できない表現方法があるクリエイティブに満足しています。(海外配信CTR 0.77% 国内配信 CTR 0.69% 2019年9月3日時点)GumGumの大きなポイントは、海外から日本関連の英語記事コンテンツを読んでいる方にリーチし、記事の内容と弊社のプロモーションを結び付けられるという点だと評価しています。

広告を配信する際に関連性の高いコンテンツへのみ表示させることで、限られたマーケティングの原資を有効活用することが可能になりました。

■GumGumについて
GumGum(ガムガム)は、AIを活用した独自の画像認識技術を持つ米国カリフォルニア発のAI企業です。日々生成される膨大なビジュアルデータの持つ潜在価値を顕在化し、様々な課題の解決に活かすことを目標に活動を展開しています。2008年の創業以来、広告領域を中心にプロダクトを開発しており、北米・欧州・豪州など世界各国で『Fortune 100』ブランドを中心に様々なサービスを提供しています。日本では、2017年後半から広告事業を展開しており、国内でも多くの企業がサービスを活用しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング