世界最大級国際デザインコンペA'Design Award & Competition 2019でSHIZQ(しずく)ブランド金賞受賞!

PR TIMES / 2019年5月2日 18時40分

木製テーブルウェアのデザインと、その活動に国際的な評価

神山しずくプロジェクト(キネトスコープ社 徳島県名西郡神山町神領字本上角90 代表 廣瀬圭治)は、世界最大で最も多くの人々が注目する国際的デザインコンペティションA’Design Award(エーダッシュデザインアワード 2019は 本部:イタリア・ミラノ)2019のソーシャルデザイン部門において、徳島県初(当社調べ)となるGOLD(金賞)を受賞し5月1日に正式に発表された。
日本の誇る伝統工芸技術とデザインで社会問題を解決しようとする取り組みと、プロダクトのデザインの両方に国際的な評価を得た。



[画像1: https://prtimes.jp/i/41803/3/resize/d41803-3-895754-0.png ]



金賞受賞デザインはこちらからご覧いただけます。
https://competition.adesignaward.com/gooddesign.php?ID=80494


A’ Design Award発表のプレスリリース
https://competition.adesignaward.com/results-announced.php

[画像2: https://prtimes.jp/i/41803/3/resize/d41803-3-938845-4.jpg ]



神山しずくプロジェクト概要
大阪から神山町に移住したひとりのデザイナーが、緑豊かな山だと思っていた自然のほとんどが人工林で、水源をも危ぶむ状況だと気づき、デザイナーとして何か役に立てないか?という問いから始まった。

[画像3: https://prtimes.jp/i/41803/3/resize/d41803-3-736113-6.jpg ]



林業という視点では、解決策が見いだせないまま、今も少しずつ川の水が減っています。こうした現象は、日本の各地で起こっている。価値が無いとまでいわれる杉に新しい価値を見いだし、小さな経済の歯車を作ることで全体の循環を作ろう!未来の子ども達に一滴でも多くの水を残そう、50年後に向けてアクションを起こそうと、2013年に活動をスタート。


[画像4: https://prtimes.jp/i/41803/3/resize/d41803-3-268129-2.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/41803/3/resize/d41803-3-617371-3.jpg ]

人工林の課題を広く啓発するとともに、徳島県の誇る伝統工芸の職人の手を借りて、杉の木目を活かしたコップやお皿、椀など、SHIZQ(しずく)ブランドの商品開発を行い2014年から販売を開始。2015年ミラノ万博出展、2016年アムステルダム「MONO JAPAN」企画展、2017年 GOOD DESIGN賞を受賞。2019年1月パリで販売開始。


神山しずくプロジェクト
http://shizq.jp/


オンラインストア
https://shizq.stores.jp/


Facebook
https://www.facebook.com/kamiyama.shizq/

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=BvNQit2cOPY ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング