全世界730万視聴達成!インディゲームのための情報番組「INDIE Live Expo II」本日よりゲーム情報のエントリーを開始!

PR TIMES / 2020年6月12日 17時0分

次回、2020年11月7日(土)開催予定

2020年6月6日(土)、インディゲームのための情報番組「INDIE Live Expo 2020」が日本語・中国語・英語の3言語で全世界に向けて配信されました。第二回となる「INDIE Live Expo II」は2020年11月7日(土)配信。本日より公式サイトにて、ゲームタイトル情報、スポンサー企業の受付を開始いたしました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/56760/3/resize/d56760-3-622915-3.png ]

初回となった「INDIE Live Expo 2020」は全世界730万超視聴達成!
日本語・中国語・英語の3言語による番組を同時配信。公式プラットフォーム(YouTube、periscope、Twitch、bilibili、ニコニコ生放送)および各国からの応援放送により、全世界合計730万人を超える方々に視聴いただきました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/56760/3/resize/d56760-3-230469-2.png ]


公式サイトにて「INDIE Live Expo II」各種エントリー・受付を開始
公式サイト上のフォームより
・ゲームタイトル情報(未発表且つ「INDIE Live Expo II」での初出タイトルを歓迎します)
・スポンサー企業
・応援放送
の受付を開始しました。
世界中のインディゲームのエントリーを心よりお待ちしております。
※メディア各位より取材の申込みを多数頂いておりますが、取材についても公式サイト上のフォームよりご連絡を頂けましたら迅速な対応をさせていただきます。

「INDIE Live Expo Awards」投票受付中!
インディゲームのためのアワード「INDIE Live Expo Awards」を開催しております。
皆様の知る、最高のゲームたちをぜひとも教えてください。
[画像3: https://prtimes.jp/i/56760/3/resize/d56760-3-780782-0.png ]

投票期間:~2020年9月30日(水)23:59(JST)
※投票や詳細についてはINDIE Live Expo 公式サイト内、INDIE Live Expo Awards特設ページ( https://indie.live-expo.games/awards/)をご確認ください。

以下の各賞ごとに1タイトルをノミネート投票できます。

ローカル文化賞
さわりごこち賞
テーマ・オブ・ザ・イヤー賞
キャラクター賞
インターネットを通じたゲーム体験賞
ルールズ・オブ・プレイ賞


各賞にノミネートされた作品の中から、大賞が選ばれます。

INDIE Live Expo Awards大賞

一体どんな作品が大賞にふさわしいのか。現時点で私たちは答えを持っていません。
各賞で挙げた特徴は、インディゲームのクリエイターたちに向けた、私たちが考えるインディゲームの美点の一側面です。
ひとつだけ言えるのは、分断を乗り越える友情をもたらせるゲーム。そして何よりも独立不羈の魂を宿したゲームこそが大賞にふさわしい、ということです。
未来は予測不可能です。しかし、世界中のゲーマーが集まって、愛すべきゲームを選んだら、いったいどんなことが起こるのか私たちはわくわくしています。
ノミネートタイトルが決定した後で、どのタイトルが大賞にふさわしいか、ぜひ皆で語り合いましょう。

【『INDIE Live Expo2020』開催概要】
会期:2020年11月7日(土)時間未定
公式サイト: https://indie.live-expo.games/
公式Twitter: https://twitter.com/INDIE_Live_Expo
主催:INDIE Live Expo実行委員会
共催:株式会社リュウズオフィス
企画協力:株式会社ワイソーシリアス
協力:PLAYISM(株式会社アクティブゲーミングメディア)

【INDIE Live Expo実行委員会について】
「インディゲーム」を多くのユーザーに知ってもらう場を作るための任意団体です。
「ゲームへの貢献」をテーマにマーケティングソリューションを提供する株式会社リュウズオフィスによりINDIE Live Expo実行を目的として設立されました。


【共催・事務局:株式会社リュウズオフィス】

[画像4: https://prtimes.jp/i/56760/3/resize/d56760-3-899026-1.png ]

スマートフォン、コンシューマ、アーケード、PCといった国内主要ゲーム市場に向けた、マーケティングソリューションのプロフェッショナル集団。
生放送を重要なプロモーション施策のひとつとして位置づけ、番組企画・プロデュースに注力。数多くのゲーム生放送制作実績を持つ。
http://ryusoffice.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング