bixid(ビサイド)と勘定奉行クラウドの連携に伴い、企業向け財務・経営管理サービスの分野で株式会社オービックビジネスコンサルタント(OBC)と業務提携

PR TIMES / 2020年11月25日 18時15分

~業務のデジタル化で経営状況と将来ビジョンは「見せる化」の時代に!!経営幹部および現場責任者との会計情報を活用した経営情報の共有を支援~



プレスリリース
                                           2020年11月25日
各 位
                                       株式会社YKプランニング

bixid(ビサイド)と勘定奉行クラウドの連携に伴い、企業向け財務・経営管理サービスの分野で株式会社オービックビジネスコンサルタント(OBC)と業務提携

株式会社YKプランニング(本社:山口県防府市、代表取締役社長:岡本辰徳、以下YKプランニング)は、弊社が提供するbixidと株式会社オービックビジネスコンサルタント(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:和田成史、以下OBC)が提供する勘定奉行クラウドを通じた会計データの作成とチェックの自動化を伴ったシステム連携を可能とすることで、企業における経理業務の効率化と経営状況と将来ビジョンの「見せる化」により、経営幹部および現場責任者との会計情報を活用した経営情報の共有を通じて、企業の持続的発展に寄与することを目的に業務提携いたしました。

■背景
企業日常的におこなう会計データの作成・チェック業務において、企業と顧問契約を結ぶ会計事務所それぞれが会計ソフトやその他の手段を用いて、それぞれの属人的スキルによって会計データを全て見て検証し、必要に応じて修正や修正連絡をおこない毎月の試算表や決算書の作成業務をおこなっています。企業の事業規模によってはその会計データは大量になり、「過去」のデータの確定に膨大な時間を費やしています。
一方で、企業は新型コロナウィルス等変化する社会状況の中で、「未来」のために資金繰りや経営予測を早期かつ正確に把握し、存続していく必要があります。そのためには、経営者や経理責任者だけでなく、営業・製造・店舗等のリーダーが、各部門の財務状況とアクションプランと実施状況を日常的に把握し、抱える課題や次に実行するべきアクションをリーダー間や上長、部下と共有することでこれまで以上に、PDCAサイクルを現場レベルに落としながら高速かつ確実に実行していく必要があります。

■課題解決への取り組み
両のサービスとシステム連携内容を相互のユーザー様に提案・紹介し、過去の会計データの作成に掛かる業務を効率化し、企業の持続的成長を支えるための体制構築を支援して参ります。この提携によって、会計データの作成・チェックという「経理業務」と内部関係者への「状況報告」、経営計画やKPI・アクションプランを中心と「経営管理」といった企業が経理・財務情報を活用する業務の多くを合理的に実施できる環境を提供して参ります。
また、両は同サービス連携を通じて、企業にとって最も身近な第三者である会計事務所に向けてもすでに業務提携し取り組んでいます。
※参考: https://www.yk-planning.com/wp/wp-content/uploads/2020/07/6eae47400a631bca900c153623f9f29c.pdf

[画像: https://prtimes.jp/i/62252/3/resize/d62252-3-741574-0.png ]


■システム連携内容
日々の会計データの作成とチェックに掛かる時間を効率化、標準化、平準化するために下記の連携を勘定奉行クラウドとおこないます
・勘定奉行クラウドに登録される日々の仕訳データをbixidに自動同期
・bixidでAIを活用して会計データ(試算表・仕訳・消費税)を自動チェック
・bixidで修正した仕訳データを勘定奉行クラウドに自動同期
また、勘定奉行クラウド以外の会計ソフトを利用する企業の会計データを勘定奉行クラウドデータコンバートをすることで、過去に蓄積された企業の会計データを放棄することなく、資産として継続して残すことを可能とします
※詳細サイトURL: https://bixid.net/bugyo_forCorporation.html


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【本リリースに関するお問い合わせ先】
経営管理本部 丸山 TEL:0570-00-3614 E-Mail:info@yk-planning.com

<ご参考資料>
〇bixid(ビサイド)について
株式会社YKプランニングが企画・開発・販売・サポートする経営支援型会計クラウドサービスです。多種多様な会計ソフトのデータに対応し、会計データの自動チェック機能から月次の経営状況の把握・現状分析や経営計画の作成など多彩なコンテンツを提供しています。また、企業や会計事務所だけでなくコンサルタント、金融機関等とデータを共有する機能も備えており、無料からご利用開始していただけるようになっています。インターネットブラウザやスマホ・タブレットなどマルチデバイス対応をしています。
URL: https://bixid.net/index.html

〇株式会社YKプランニングについて
山口県山口市を拠点に置く行本会計事務所(1982 年開業)のシステム部門から独立した会社です。全国の会計事務所に対し、税務監査の標準化システムや財務分析、経営計画策定システム及びモニタリング業務をサポートするためのソフトウエア「財務維新」及び中小企業向けの経営支援型財務システム「bixid(ビサイド)」を開発・販売しています。「過去会計からの脱却と未来会計へのシフト」をモットーに、全国の税理士・公認会計士とともに地方創生の一翼を担うため、中小企業の財務の見える化健全化に取り組んでいます。
会社HP: https://www.yk-planning.com

〇勘定奉行クラウドについて
クラウド会計システム「勘定奉行クラウド」は、従来の勘定奉行の使いやすさはそのままに、入力の自動化や学習機能、「会計士・税理士と一緒に使える専門家ライセンス」など、クラウドならではの充実したサービスで、今まで以上の経理・会計の業務生産性を実現します。世界トップレベルのセキュリティを誇るマイクロソフトのクラウドプラットフォーム上で充実したサポートと導入後のあらゆる環境変化へ対応し、安心して使い続けていただけます。
URL: https://www.obc.co.jp/bugyo-cloud/kanjo

〇株式会社オービックビジネスコンサルタント(OBC)について
OBCは、『勘定奉行クラウド』をはじめとする『奉行クラウド』『奉行クラウドEdge』は、企業のさまざまな業務の領域をお客様のニーズに沿って、各業務の生産性の向上をできるサービスとしてお届けしています。経理・総務などのバックオフィス業務部門や、従業員の業務に至るまで幅広い領域と細やかな選択ができ、さまざまなサービスを選択・統合してご利用いただくことが可能です。
現在は、累計63万社を超えるお客様を中心に、従来のシステムをクラウドに転換する「UP to クラウド」を推進しており、深刻な労働力不足を背景とした多くの企業の喫緊の課題となっている働き方改革・業務生産性・テレワークの実現を支援しております。

所在地:東京都新宿区西新宿六丁目8番1号住友不動産新宿オークタワー 32F
設立:1980年12月
資本金:105億1,900万円
代表者:代表取締役社長 和田 成史
事業内容:ビジネスソリューションテクノロジー及びITソリューションテクノロジーの開発販売、
プロダクトに対する保守・導入指導等のサービス提供
会社HP: https://www.obc.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング