1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

Buddies、「保護動物との共生サービス構想」が旭化成グループとゼロワンブースター主催アクセラレータープログラムに選出

PR TIMES / 2021年9月13日 14時15分

アニマルクエストとのコンソーシアムで、新しい形の保護動物支援という社会貢献体験をオンライン/オフラインで提供

保護犬によるアニマルセラピーサービスを提供する株式会社Buddies(所在地:東京都文京区、代表取締役社長:寺田かなえ、以下Buddies)と、殺処分をはじめとする動物の社会課題解決を目指す株式会社アニマルクエスト(所在地:神奈川県横浜市、代表取締役社長:池田智史、以下アニマルクエスト)は、コンソーシアムプロジェクト「保護動物との共生サービス」が、旭化成グループ・株式会社ゼロワンブースター主催のビジネスプランコンテスト「LIFE CO-LAB.」において「優秀賞」を受賞したことをお知らせいたします。

本受賞により、約4ヶ月にわたる旭化成グループと住まい・まち・ライフスタイルの未来を共創するアクセラレータープログラムへの参加権を手にしました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/74493/3/resize/d74493-3-d18f24bd9da1b3e53b4c-3.jpg ]

 
【コンソーシアムプロジェクト「保護動物との共生サービス」発足の背景】
 Buddiesは、「保護犬に新しい生き方を、犬好きの人にカラフルな毎日を。」をミッションに、アニマルセラピーサービスを提供するスタートアップです。行き場のない保護犬を引き取り、専属獣医師の元でしっかりとケアを行なった上で、施設やオフィスをはじめとした、犬好きの人の元へと派遣しています(※派遣前には事前面談等を行います。)
 犬を飼いたくても飼えないという方に、獣医師のフォローの元で安心して楽しみながら、保護犬を支援することができる新たな機会を提供しています。
 また、登録された保護犬には、日常的に獣医師/ペット栄養管理士の管理の元、良質な食事、毎日のお散歩、休日のお出かけや定期的な健康診断など、一般家庭と変わらない生活を提供しており、生涯を通した保護犬たちのQOLを向上させます。

 アニマルクエストは、「ペットの不幸を最小化し、ペットを通じて人の幸福を最大化する」をビジョンにどうぶつ特化型ギフティングアプリ「Animal Quest」を提供するペット領域のスタートアップです。
 InstagramやTwitterのような基本的なSNS機能に、ギフティング機能を実装し、写真や動画の閲覧・ダウンロードだけでなく、アプリ内に登録されている実在する保護猫・保護犬をはじめとした動物たちにギフトを送ることができます。
 ギフトは日常の消耗品であるフード・トイレ・おやつといった物の他に、医療費や投げ銭から選ぶことができ、里親を募集している保護動物とのマッチング機能も備えています(※譲渡は審査制となります。)

 Buddiesとアニマルクエストは、リアルな場とオンラインでの保護動物のサポートを目指してきた実績を元に、従来の保護動物支援のアプローチとは異なる方法で、保護動物をサポートするだけでなく、ペットとの暮らしを諦めている動物好きの人たちにも、オンラインとオフラインを融合させた新しい体験を提供することを目指していきます。
 新規事業を立ち上げるにあたって、今回、住まい・まち・ライフスタイルの未来の共創を目指す旭化成グループと、そのアクセラレータープログラムを活用することで、ニューノーマルな保護動物との共生の実現を目指して、本事業を加速してまいります。

<想定される保護動物のメリット>
 現在国内では、ペットの「引き取り屋」と呼ばれる闇市場等の存在も考慮に入れすると、年間推定で10万匹以上の犬猫が殺処分されていると言われています。
 一方、昨今では住宅事情やライフスタイルの変化からペットの飼育に対するハードルが高くなっており、飼育世帯数は減少傾向であり、多くの人がペットとの暮らしを断念しています(*1)。
 そのため、殺処分を免れた動物たちであっても、里親探しは難しく、その多くがシェルターや一時預かり宅にて、里親を長期間探し続けることになります。特に、シニアや大型犬では譲渡先が生涯見つからないことも少なくありません。
 現在、国内の保護犬たちには、大きく分けると、譲渡か殺処分の道しかありません。毎月の譲渡会において運命的な出会いをただ待つのではなく、さまざまな人や環境と日常的にふれあうことで、保護犬自身の社会化訓練・認知や譲渡の機会増加・運動不足やストレスの解消(*2)などを達成できると考えています。

<想定される利用者のメリット>
 利用者の方には、ただ犬とふれあいたいというだけでなく、保護犬問題に関心はあるものの、里親になることもできず、ボランティアの条件(奉仕時間や経験など)もなかなか満たすことができないと悩んでいる方も多くいらっしゃいます。
 保護犬のことを認知し、発信してくれる方の数を増やしていくことによって、日本国内の動物福祉レベルの底上げを目指します。

(*1)一般社団法人ペットフード協会 「令和2年全国犬猫飼育実態調査結果」 を参照。
(*2)Matthew D Shiverdecker, Patricia A Schiml, Michael B Hennessy. Human interaction moderates plasma cortisol and behavioral responses of dogs to shelter housing. Physiol Behav. 2013 17;109:75-9. を参照。


【アクセラレータープログラム「LIFE CO-LAB.」とは】

[画像2: https://prtimes.jp/i/74493/3/resize/d74493-3-75ad13167d209c0b776b-4.jpg ]

 「LIFE CO-LAB.」は、旭化成グループと住まい・まち・ライフスタイルの未来を共創するアクセラレータープログラムです。約4ヶ月にわたって、旭化成株式会社および旭化成ホームズ株式会社による伴走型支援やアセット・実証実験の協力を受けながら、未来をともに創るビジネスのブラッシュアップを目指します。
 本プログラムにおける成果は2021年12月開催の成果発表会(Demo Day)において、プレゼンテーションされる予定です。

【株式会社アニマルクエストについて】  https://ani-que.com/
・会社名:株式会社アニマルクエスト
・代表者:代表取締役社長 池田 智史
・所在地:神奈川県横浜市
・設立 :2020年2月

【株式会社Buddiesについて】  https://buddies.life
・会社名:株式会社Buddies
・代表者:代表取締役 寺田 かなえ
・所在地:東京都文京区
・設立 :2020年12月
[画像3: https://prtimes.jp/i/74493/3/resize/d74493-3-cb18446f973bf439c4f3-1.jpg ]


【Buddiesのサービス利用方法】
下記URLの申し込みフォームより必要事項をご記入ください。
https://docs.google.com/forms/d/1927N58cupq67yAUtxhB94vW-I1tDaVGjlGFYDAOiV18/viewform?edit_requested=true

動物取扱業登録情報
名称:Buddies
登録番号:20東京都貸/展第007016
有効期間:R3.3.26-R8.3.25
(R2.12.18に取得後、情報変更の為再取得)

[画像4: https://prtimes.jp/i/74493/3/resize/d74493-3-581c7d342b423b1da9e0-2.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング