1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

薄く小さいを目指さず、薄く小さくなった財布「most SW」のクラウドファンディング開始しました。

PR TIMES / 2021年7月30日 11時45分

目指したのは「最もシンプルな財布」シンプルな物ほど使いやすいという信念から開発

余裕を持つことを意味するレザーブランド「GAHNEN(ゲーネン)」(運営:フリームジャパン株式会社、代表取締役:黒柳庄司)は、オリジナルレザー2種を開発、採用した「most SW」をクラウドファンディングサービス「CAMPFIRE)」にて7月30日より先行予約販売を開始します。(プロジェクトページ: https://camp-fire.jp/projects/view/432934



[画像1: https://prtimes.jp/i/83336/3/resize/d83336-3-6f440ffddf71a06f3736-0.jpg ]




most SW」シリーズ

「most SW」を開発したのが2年前。
試験的に1100個を生産
2019年8月からテスト販売を実施
2020年8月テスト販売を終了

その間に頂戴したお声を元に修正を繰り返し、素材、製造国、仕様を変更、洗練させたのが本商品となります。
「most SW」の集大成と言っても過言ではない、自信ある商品に仕上がりました。
目指したのは「最もシンプルな財布」です。
それは、シンプルな物ほど使いやすいという信念から来ています。
使いやすいシンプルな財布を目指したら結果として薄く、小さくなった一味違う角度から誕生した財布です。
「most SW」(モスト エスダブリュー)= Most Simple Wallet(最もシンプルな財布)

シンプルが際立つ無駄のないデザイン


[画像2: https://prtimes.jp/i/83336/3/resize/d83336-3-0e71a4b460cfa2548d2d-1.jpg ]

【仕様】
札入れ/小銭入れ/カードポケットが1つあるのみ。
紙幣 10枚/カード 5枚/名刺・ポイントカード 2枚/コイン 30枚以上入れる事ができます。

足すことなく徹底的に引くことを意識して作られたデザイン。無駄なパーツは、一切ありません。


トレンドを追いすぎない

昨今、財布のトレンドは、「薄く」「小さい」になってきています。
1mmでも薄く小さくと競い合う様に財布が開発されています。
しかし、カードやお札のサイズが変わらない限り、もう財布のサイズを大きく変える事はできません。

1~2mmのサイズダウンをするくらいなら使いやすさを取るべきだと私たちは考えました。
今より少しサイズダウンに成功した所で利便性が変わる事はありません。
しかし、それと引き換えに使いやすさは犠牲にする必要が出ます。
上記のことから、最薄や最小を目指しませんでした。
目指してしまうと、どうしても「使いにくさ」という名の無理が生じてしまうと考えたからです。

限界までシンプルに設計した結果として「薄く」「小さく」なったmost SW

シンプルに設計した結果として、薄く小さくなったこの「順序」はとても重要で、
薄さや小ささを目指して作れば必ずどこかに無理が生じ、使いにくい商品が生まれます。
しかし、使いやすさを求めシンプルに設計にした結果として「薄く」「小さく」なったとしたらどうでしょうか。
薄く小さくとも、とても使いやすいバランスがとれた財布が誕生しますそして誕生したのが「most SW(モストエスダブリュー)」です。


バランスが整った薄く小さい財布、most SW


[画像3: https://prtimes.jp/i/83336/3/resize/d83336-3-386cf1343d17f78d841e-9.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/83336/3/resize/d83336-3-f9beded945e42b6e8505-10.jpg ]


使いやすさを求めシンプルを追求した結果、薄く小さくなったこの財布は、意外なほどに収納力があります。
守備範囲が広く、薄く小さく、そして使いやすいバランスのとれた財布だからこそ皆さんが求めている「身軽に出かけたい」というその想いを叶えられると思っています。
これら心配やストレスを、解消してこそ本当の「身軽さ」を感じて頂けるのではないか、と私たちは思っています。

<プロジェクト期間>
2021年7月30日~2021年9月18日
<プロジェクトページ>
https://camp-fire.jp/projects/view/432934

オールメイドインジャパンへの想い

日本のタンナーや工房は、年々と少なくなっているという事をご存知でしょうか。
その背景にはネームバリューのあるヨーロッパの革や生産力のある中国にシェアを奪われているという事実があります。このままでは、1000年以上の歴史が、築き上げてきた日本の革を作る技術、クオリティーの高い縫製技術が衰退するかもしれません。日本の革、製造技術は決して世界に引けをとっている訳ではありません。
むしろクオリティー重視の日本が勝っていると思います。この商品をキッカケに改めて生産国の大切さ、日本の技術力の高さにお気づき頂けたら幸いです。
そのような想いから「most SW(モストエスダブリュー)」は、革から製造に至るまで一貫して日本制作を貫いています。
革についての詳細
https://prtimes.jp/a/?f=d83336-20210719-91c88ad952753b079d8b73af715cd552.pdf

商品概要

ジャパニーズエッセンスレザー(Japanes Essence Leather)


[画像5: https://prtimes.jp/i/83336/3/resize/d83336-3-1b077b1bb429d2c6c055-3.jpg ]


【財布】【iPhoneケース】【キーケース】

藍墨茶(あいすみちゃ)
丼鼠色(どぶねずみいろ)
藍色(あいいろ)
樺色(かばいろ)
紅の八塩(くれないのやしお)
鶯色(うぐいすいろ)


ナチュラルグロスレザー(Natural Gloss Leather)

[画像6: https://prtimes.jp/i/83336/3/resize/d83336-3-512015c6af055c23e786-4.jpg ]


【財布】【iPhoneケース】【キーケース】
Black
Navy
Light Brown
Olive
Black × Navy
Black × Light Brown
Navy × Light Brown
Olive × Light Brown


商品概要の詳細
https://prtimes.jp/a/?f=d83336-20210719-a65dd230266eed886f9a61da80407cab.pdf
<リターン一覧>
◯【早早割】財布※限定30名(各レザー)
◯【早割】財布(各レザー)
◯財布2点セット(各レザー)
◯iPhoneケース(各レザー)
◯キーケース(各レザー)
◯財布、iPhoneケース2点セット(各レザー)
◯財布、キーケース2点セット(各レザー)
◯iPhoneケース、キーケース2点セット(各レザー)
◯タンナーオイル(皮革をやわらかくより柔軟にする使っていく事によっての艶出し効果)
<プロジェクト期間>
2021年7月30日~2021年9月18日
<プロジェクトページ>
https://camp-fire.jp/projects/view/432934

GAHNENとは


[画像7: https://prtimes.jp/i/83336/3/resize/d83336-3-ee2f9d8c591c0695d40c-5.jpg ]

GAHNEN(ゲーネン)は、ドイツ語で「あくび」を指し「余裕を持つ」ことを意味しています。
余裕がない時は、その時に心の中を支配している考えがあるため、余裕をなくしているんだということに気づけません。だからこそ、余裕がないときに「余裕」と言う言葉を思い出せるブランドでありたい。
そして、余裕がある時には、余裕あるこの瞬間、この時間が幸せな「時」なんだ。と気づけるようなきっかけを作りたい。何気ない幸せを意識的に自分から拾っていき、拾い集めた小さな幸せのひとつひとつが「自分を幸せにするんだ」とひとりひとりが思えたら、きっと幸福度も変わるのではないでしょうか。
あなたの人生を少しでも豊かに出来る為に「GAHNEN」は今日もメッセージを送り続けます。
主役はあなた、シンプルで主張しない持つ人全てを引き立たせる名脇役GAHNEN
https://gahnen.com

■本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先■
フリームジャパン株式会社
お問い合わせ:info@gahnen.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング