夜間でも明るく見やすい!  だから、バックのときも安心。車載用小型リアビューカメラ RVC299

PR TIMES / 2012年2月7日 15時15分



自動車アフターパーツメーカーの株式会社データシステム(東京都新宿区、荒井弘之社長)は、有効画素数32万画素の高感度スーパーCMOSセンサーを搭載した車載リアビューカメラRVC299を2/8に発売します。明るい場所はもちろん、暗い場所でも障害物が見やすい視認性の高い高画質設計で、バックでの車庫入れ時などの、後方視界の安全確認をしっかりサポートします。また、障害物までの距離を把握しやすい歪みの少ない視野角設定なので、初めてリアカメラを使用する方でも安心です。
さらに防水性能をアップさせた新設計の超小型・軽量ボディにより、取り付け場所の自由度が大幅に向上。目立たずスマートに取り付けできます。
独自のノウハウを活かし、トヨタ・ダイハツ・ホンダ・日産の各社ディーラーオプションナビや市販ナビへ直接接続できるリアカメラ入力ハーネス(別売*)もラインナップしています。
*ナビの種類により製品の品番が異なります。弊社web等で最新の適合情報をご確認ください。

●価格:9,800円

《主な特徴》

■高画質32万画素
有効画素数32万画素・水平解像度400TV本の高画質で、明るい場所はもちろん、暗い場所でも障害物が見やすい、高感度スーパーCMOSセンサーを採用しています。

■歪みが少ない見やすい映像
障害物までの距離を把握しやすい歪みの少ない視野角設定なので、見やすい映像でバック時の安全確認をしっかりサポート。初めてリアカメラを使用する方でも安心です。

■電源ユニットレスのコンパクト設計
超小型・軽量化を実現しながらも、リアVIEWカメラ「RVCシリーズ」の特長である電源ユニットのない一体型コンパクト設計を継承。配線の取り回しがしやすく、スマートな取り付けが可能です。

■IP67準拠の優れた防水性
堅牢な新設計ダイキャストボディと内部のレンズ一体型密閉設計により、さらに防水性能がアップ。IEC(国際電気標準会議)が定めた防水・防塵の保護規格「IP67」の基準もクリアしていますので、厳しい環境下でも安心してご使用いただけます。

■超小型・軽量化を実現
回路およびカメラ本体をすべて新設計。高感度・高画質と同時にさらなる小型化と軽量化を実現。これにより取り付け場所の自由度が大幅に向上し、目立たずスマートに取り付けできます。

■幅広いナビ/モニターに対応するピン端子出力
一般的なピン端子(RCA)出力により、各種モニターに接続可能。市販ナビはもちろん、ディーラーオプションナビや、メーカーオプションナビにも幅広く接続できます※2。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング