日本最大規模の“広告コピー”の選手権、 今年もいよいよ作品募集がスタート!

PR TIMES / 2013年8月28日 18時1分

糸井重里氏、林真理子氏を生んだ、誰でも参加できる公募型広告賞

株式会社宣伝会議(本社:東京都港区)は、日本最大規模の公募広告賞である第51回「宣伝会議賞」の作品募集を9月1日より開始します。賞の応募締切は10月31日です。



【コピー1本で100万円獲得も夢じゃない!クリエイターの登竜門「宣伝会議賞」とは?】

1962年に始まり、今年で51回目を迎える日本最大規模の広告賞。協賛企業から出題された商品などの課題に対して、キャッチフレーズやCM企画のアイデアを一般募集して競う、“誰でも参加できる”公募型コンテストです。これまで、広告界で活躍する一流のコピーライターやクリエイター、さらに糸井重里氏や林真理子氏といった著名な書き手を多数輩出。長年に渡り“コピーライターの登竜門”として、広告界・クリエイターを目指す方々の“広告コピー”の選手権の場として知られています。
年々応募数も右肩上がりで、現役のコピーライターや業界にとどまらず、学生や主婦の方など幅広い方々からの応募があります。昨年の第50回開催では過去最大の38万3500点もの応募がありました。


【第51回キャンペーンガールは、現役高校生の国民的美少女・吉本実憂さんに決定!】
 
第51回宣伝会議賞のキャンペーンガールは、昨年の「第13回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを受賞した現役高校生の正統派女優、吉本実憂さん。9月から10月にかけ、東京・名古屋・大阪・九州など全国主要駅や全国各地の書店にて多数掲出予定のポスターのほか、広告・マーケティングの専門誌『宣伝会議』10月号(9月1日発売)、11月号(10月1日発売)の表紙にも登場!賞を華麗に彩ります!

<吉本実憂さんプロフィール>
1996年12月生まれの16歳(高校2年生)。福岡県北九州市出身。オスカープロモーション所属。2012年8月「第13回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを受賞。そのファイナリスト21人で構成されるユニット「X21」のリーダー。2013年第85回記念選抜高等学校野球大会では、大会史上初の「センバツ応援イメージキャラクター」に起用されたほか、ヤマザキナビスコ「オレオ」新CMキャラクターを務め、2014年にはNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」への出演が決定している。


■今年、宣伝会議賞から19歳のクリエイティブ・ディレクターが登場!!
応募コピーが課題を提供した企業の実際の広告に採用されることがある、というのも宣伝会議賞の魅力のひとつ。昨年開催の第50回に協賛した、はしご・脚立メーカーの長谷川工業は、同社の課題で「CMゴールド」を受賞した作品をテレビCM化し、8月から東京・大阪エリアで放映を開始しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング