看護師管理職のモチベーションとスキルの向上へ 「ジョンズホプキンス ナースマネージャー アカデミー」開催のお知らせ

PR TIMES / 2012年9月24日 10時58分



株式会社ファーストスター・ヘルスケア(東京都新宿区、代表取締役社長 西川久仁子)は、全米病院ランキングNo.1*のジョンズホプキンス病院の関連施設が開発した看護師管理職研修プログラム、「第4回 ジョンズホプキンス ナースマネージャー アカデミー in Japan」を来る2012年11月16日~18日の3日間で開催致します。
*アメリカのUSニューズ&ワールド・レポート誌調べ

ジョンズホプキンス ナースマネージャー アカデミーは、看護師管理職特有のニーズに合わせ、The Institute for Johns Hopkins Nursingが開発した管理職向け研修で、米国では2000年から実施され高い評価を受けています。

ファーストスター・ヘルスケアはThe Institute for Johns Hopkins Nursingと提携し、この高品質の看護師管理職研修プログラムを2011年9月より、日本で開催しております。これまで3回開催されましたが毎回好評で、研修受講により以下の効果がみられました(受講者アンケートより)
・看護師管理職として働くモチベーションが20%以上向上
・良いチームを作る自信が30%近く向上
・医師、上司含め仕事で意見が衝突する場面にうまく対応する自信が30%向上

カリキュラムは日本向けにカスタマイズされており、基本的に日本語で授業が行われます。

【研修概要】

1.日時:2012年11月16日(金)~18日(日)(3日間)
2.場所:永田町 都市センターホテル
3.内容:講義、参加型のグループワークやケーススタディ、ジョンズホプキンス大学病院のベテラン看護師管理職等によるオンライン授業
授業内容抜粋
・自分を知る:自己分析ツールで自分の考え方や仕事上の強味を理解する
・プロジェクトをマネージする:プロジェクトを推進する為の、問題解決の手法を学ぶ
・人をマネージする:チームを運営する時に気を付けることは何か、問題のあるスタッフにどう対処するか、等のヒントを学ぶ
・効果的なコミュニケーション:医師と緊急に話す時、部下にアドバイスをする時、等状況に応じたコミュニケーションの有り方を知る 等
4.対象:師長、主任、および管理職を目指す看護師の方
5.定員:24人
6.受講料:15万円(税込、自己分析ツール代含、昼食付)(団体割引有り)
7.講師:杏林大学医学部附属病院 看護部長 道又元裕
ジョンズホプキンス大学病院 看護部長 他

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング