“肩こり”が仕事に与える影響とは 肩こりの日は・・・7割が「仕事効率が落ちると感じる」 4割が「会社を休みたい」 肩こりの原因、1位は「PC作業」 “ながらリフレッシュ”で仕事効率アップ!

PR TIMES / 2012年2月21日 15時35分



パナソニック株式会社(大阪府門真市)は、肩こりに悩む20~40代の働く女性500名に対して「肩こりに関する意識調査」を実施いたしました。調査結果からは、多くの女性が「肩こりが原因で仕事の効率が落ちる」と感じており、肩こりが仕事に与える影響は深刻であることがうかがえました。また、9割もの女性が仕事中に肩こり対策をしたいと考えている一方で、現状の対策法については不満点も多く、手軽な肩こり対策法のニーズが高いことがわかりました。

[調査概要]
調査期間:2012年2月8日~2月9日
調査方法:インターネット
調査元:トレンダーズ株式会社
調査対象:肩こりに悩む、20~49歳の女性(有職者/事務職) 500名

■ 肩こりに悩むようになったのは・・・?2人に1人が「働きはじめてから」

まず、「肩こりの日は週に何日ありますか?」と聞いたところ、平均「6日間」と、ほぼ毎日肩こりに悩まされているようです。ちなみに、「7日間」と回答した女性は52%と全体の半数にも及びました。
次に、「肩こりに悩むようになった時期」について聞くと、「働き始めてから」が最も多く、54%。「高校生以前」(29%)、「大学生の頃から」(12%)を大きく上回りました。また、「仕事がある平日について、1日のうちで最も肩こりを感じるのはいつですか?」という問いに対しては、「仕事中」が最も多く、62%。次いで、「仕事から帰って家にいる時」(23%)、「残業時間中」(3%)と、仕事中に肩こりを感じる女性が圧倒的に多いようです。さらに、「肩こりの原因」についても聞くと、1位は「PC作業」で89%。次いで、「同じ姿勢での長時間作業」(78%)との回答も多く、仕事と肩こりの関係性はとても深いことがうかがえました。

■ 肩こりがもたらす仕事への影響は…7割が「効率が落ちると感じる」

続いて、「肩こりが仕事に与える影響」について聞いたところ、72%が「肩こりの日は仕事のやる気が出ない」、69%が「肩こりの日は仕事の効率が落ちると感じる」と答えました。
「肩こりの日は仕事の効率が落ちると感じる理由」としては、「肩を回したりストレッチしたりするので休憩が増える。(35歳)」、「肩こりに気を取られて、仕事に集中できない時があるから。(30歳)」などの意見があがりました。その他にも、「頭痛を伴うことがあるので、頭が働かない。(32歳)」、「ひどい時は頭痛や吐き気がするから。(43歳)」などの声があがり、肩こりだけでなく、頭痛や吐き気などを伴うことで仕事効率をさらに下げている実態が垣間見えました。
さらに、「肩こりの日は会社を休みたいと思いますか?」という質問には39%が「思う」と回答。実際に7%は「肩こりが原因で会社を休んだことがある」と答え、肩こりがもたらす仕事への影響はとても大きいものであることがわかりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング