【「夏の過ごし方」に関する意識調査レポート】「暑さ」の解消にかけられる金額は1日680円! 「汗」には490円!!

PR TIMES / 2013年6月7日 13時44分

「夏が好き」・・・65%が回答。でも8割が夏に「不快感」を経験
夏の不快感・・・主要因は「暑さ」と「汗」




株式会社コロンビアスポーツウェアジャパン(東京都新宿区)は、汗を利用したクーリングテクノロジー「オムニフリーズゼロ」のデビューに伴い、20代~40代男女500名に対して、「夏の過ごし方」に関する意識調査を行いました。今回の調査により、夏の不快感の主要因や、その不快感解消の為に1日いくらまでなら対価を払えるかなど、夏の不快感に対する現代人の意識が明らかになりました。
調査期間:2012年5月16日(木)~17日(金)  

調査対象:20 歳~49 歳までの男女500名(男性250名 女性250名)

調査方法:インターネット


■ 「夏が好き」・・・65%が回答。でも、約8割が夏に「不快感」 を感じている!

 NASA(米航空宇宙局)は1月、「2013年の世界の平均気温が、過去最高記録を破る可能性が高い」と発表しました。2013年の夏も猛暑になりそうです。地球温暖化や熱中症などの話題がメディアで取り上げられることが増え、また近年の節電意識の高まりなども相まって「夏の過ごし方」について考える機会も増えてきているのではないでしょうか。そこで20代~40代の男女500名を対象に調査を実施しました。
 まず、「夏が好きですか?」と聞いたところ、65%が「大好き」、「どちらかと言えば好き」と回答。海水浴やバカンスなど開放的で楽しげなイメージを連想させる夏を好意的にとらえている人はやはり多いようです。一方で「夏に「不快」と感じたことがあるか?」との質問には、「毎年感じる」、「感じることが多い」が全体の約8割を占め、夏は好きだが不快と感じることも多いというある種、矛盾した感情があることがわかりました。〔グラフ1〕


■ 夏の「不快感」・・・主な要因は「暑さ」と「汗」。3位以下を大きく引き離す結果に!

 それでは、夏に「不快」と感じる主な要因は何なのでしょうか?
「夏に「不快」と感じるものは何ですか?」と聞いたところ、1位「暑さ」(88%)、2位「汗」(78%)という結果に。〔グラフ2〕通勤中や外出の際、睡眠時等に感じる「暑さ」、それに伴い発せられる「汗」が夏の不快感のTOP2で、続いて「臭い」(40.1%)、「冷気」(19.7%)、「喉の渇き」(17.9%)が挙げられています。「暑さ」と「汗」は3位以下を大きく引き離す結果となり、夏の不快感の2大要因であるということが判明しました。「その他」の回答としては、「湿気」や「虫」などが挙げられました。
 次に、暑さや汗に代表される「「不快感」はお金を払ってでも解消したいですか?」との問いには91%が「解消したい」、「どちらかと言えば解消したい」と回答し、現代人がいかに夏の不快要因に悩まされているのかが分かりました。


 ■ 1日680円! 「暑さ」の解消にかけられる金額。1ヶ月では2万400円!!

 夏の不快感解消の為ならお金を払うことも厭わないと大半の人が思っているようですが、では一体いくらまでなら支払うことができるのでしょうか?
 「「不快」なものを解消できるとしたら、対価として1日いくら払いますか?」との質問には、「暑さ」の解消には1日平均「680円」支払うという集計となり、「臭い(320円)」の2倍以上、「冷気(228円)」、「喉の渇き(200円)」の約3倍の金額を支払えるという結果になりました。〔グラフ3〕不快感の主要因に挙げられた「汗」の解消は平均「490円」で、「暑さ」に次いで高い金額となりました。
 また、この1日の金額を1ヶ月に換算すると「暑さ」は「2万400円」、「汗」は「1万4700円」となり、現代人にとって「暑さ」と「汗」は相応の対価を払ってでも解消したい夏の悩みのようです。


■ 「汗」 を利用したクーリング機能“オムニフリーズゼロ”で「暑さ」対策! 

 そんな中おすすめなのが、アウトドアブランド、コロンビアの最新テクノロジー「オムニフリーズゼロ」を搭載したTシャツ。
 「オムニフリーズゼロ」は、生地裏面に配された小さな青いサークル状の冷却材が、汗を利用して生地全体の温度を瞬時に下げ、持続的な冷却効果を提供するコロンビア独自のクーリングテクノロジーです。不快な「汗」を利用することで持続的なクーリング効果をもたらし、アウトドアアクティビティではもちろん街中での「暑さ」対策にも使えるアイテムです。

★オムニフリーズゼロに関してのURL:
http://www.columbiasports.co.jp/feature/omnifreeze_zero/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング