「ガラスびんアワード2012」各優秀商品決定 ~ニベア花王株式会社が最優秀賞を受賞~

PR TIMES / 2013年3月22日 9時36分

リリー・フランキー氏と富永美樹氏により各賞を選出
「ガラスびんアワード2012」各優秀商品決定~ニベア花王株式会社が最優秀賞を受賞~
受賞作品名:『ニベアフォーメン リバイタライジング ローションQ10』『ニベアフォーメン リバイタライジング バームQ10』




日本ガラスびん協会(会長 清水泰行/東京都新宿区)は、2012年3月21日(木)、東京會舘(東京都千代田区)にて「ガラスびんアワード2012 授賞式」を開催いたしました。

同アワードは、私たちの生活の様々なシーンで使用されるガラスびんについて、ガラスならではの独特のデザイン性に加え、優れた機能性や環境性を備えた商品を評価するとともに、各審査委員の個人賞などを設け多角的、総合的に優れたガラスびんを表彰します。

ガラスびんは、多様なデザイン性と飲料や食品などの鮮度を守る長期保存性に優れ、何度でも再生できる環境にやさしい容器として長く親しまれてきました。

当協会では、昨今の環境意識の高まりや中身の安全・安心を求める声を背景に、ガラスびんの持つ特性や優位性を広く社会に発信し、改めてガラスびんの持つ魅力を伝えたいと考えております。

本年度は、ご応募いただいた163エントリー(318本)の商品の中から、今回で4回目となる審査委員長を務めた、リリー・フランキー氏と、フリーアナウンサーの富永美樹氏により、「機能性・環境性・デザイン性」の3つの指標を中心に評価していただきました。その中より、ニベア花王株式会社の『ニベアフォーメン リバイタライジング ローションQ10』 『ニベアフォーメン リバイタライジング バームQ10』は、ガラスびんの可能性や近未来的なガラスびんのあり方を感じる商品であるという点が評価され、ガラスびんアワード最優秀賞に選ばれました。その他に、機能優秀賞(1点)、環境優秀賞(1点)、デザイン優秀賞(1点)、リリー・フランキー賞・富永美樹賞(各1点)、日本ガラスびん協会特別賞(2点)が選定されています。


【ガラスびんアワード 2012 審査会 受賞理由と講評】

受賞理由

■ 最優秀賞(ニベア花王株式会社『ニベアフォーメン リバイタライジング ローションQ10』、『ニベアフォーメン リバイタライジング バームQ10』)

ブランドイメージを大切にしながらガラスびんの特長を活かし、ガラスびんの可能性や近未来的なガラスびんのあり方を感じさせる商品であるという点を評価させていただきました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング