働く女性の「化粧なおし」に関する意識・実態調査 ~面倒な「化粧なおし」から女性を解放!資生堂「マキアージュ」新ベースメーキャップ~

PR TIMES / 2014年3月26日 13時42分

資生堂は、女性の表情美を引き出すメーキャップブランドの新製品「マキアージュ」の「トゥルーリキッド ロングキープUV」と「ビューティーキープベースUV」の発売(2014年2月21日《金》)にあたり、20~30代の働く女性500名を対象とした「化粧なおし」に関する意識・実態調査を実施しました。その結果、メーキャップが欠かせない現代の働く女性にとって、3人に1人が「化粧くずれ」は、仕事上でも「心理的にマイナス影響がある」と回答するとともに、美しいメーキャップの仕上がりを維持するために必要な「化粧なおし」という行為を、約9割近い女性が「面倒」と捉えていることがわかりました。



--------------------------------------------------------------
【調査概要】
・調査対象:20~39歳の女性 500名 ※普段化粧・化粧なおしをしている有職者の方(年齢ごとに均等割り付け)
・調査期間:2013年9月4日(水)~2013年9月8日(日)   ・調査方法:インターネット調査
--------------------------------------------------------------

■ 9割が気になる「化粧くずれ」で、見た目の自己評価は半分以下に!
 「ベースメーキャップの化粧くずれ」が気になることがあるかを聞いたところ、89%と約9割もの女性が「気になる」と回答。働く女性にとって、「化粧くずれ」は悩みの種になっているようです。また、1日の中でベースメーキャップの「化粧くずれ」が最も気になる時間帯は、「15時台」という回答が20%と最多を占めました。特に、13時台から15時台だけで、45%と約半数が「最も気になる時間帯である」と回答しており、お昼すぎから午後なかばの時間帯に「化粧くずれ」を強く実感していることがわかりました。
 あわせて、出勤前のベースメーキャップ直後の「見た目の自己評価」を100%として、ベースメーキャップのくずれを実感した後の「見た目の自己評価」を比較した場合、どの程度変化するかを質問したところ、平均54%も自己評価が下がるという回答結果が出ました。0%と最低値を回答した方も複数おり、ベースメーキャップのくずれが自己評価に影響しているようです。

■ 女の敵!「化粧くずれ」は仕事にもマイナス影響!?
 次に、「化粧くずれ」を実感している際、どのような気分になるかを調査したところ、8割以上の女性が「(汗や皮脂でベタつくなど)体感的に不快になる(84%)」と答え、次いで「(気分が晴れないなど)気分的に不快になる(77%)」と体感的にも気分的にも不快感の増加を挙げました。また、約7割が、「周囲の目が気になる(75%)」、「他の人に顔を見られたくなくなる(69%)」、「自分に自信がなくなる(68%)」といった回答を挙げており、自分自身が不快なだけでなく、周囲からの見られ方までが気になるなど、気分が落ち込む傾向があるようです。
 また、約3人中1人は、「仕事に対するやる気がなくなる(36%)」、「仕事への集中力がなくなる(34%)」と回答するなど、働く女性にとっての「化粧くずれ」は、仕事でも心理的にマイナス影響を与えていることがわかりました。ほかにも、「化粧くずれ」に気づいたときのフリーアンサーとして、「昼食後の歯みがきのときに、鏡に映った自分を見てガッカリした。」(30歳・静岡県)というように、ふとした瞬間に気づき、落ち込んだという声や、「いつもは午後の時間帯に会う人に、午前中に遭遇し、普段と同じ化粧だったのに、『今日は化粧ばっちりだね!』と言われた。」(32歳・滋賀県)、「化粧なおしできないままでいたら、人に『顔色が悪いよ、大丈夫?』と言われた。」(30歳・愛知県)など、周囲からの指摘を挙げた女性も多くいました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング