ブルガリ「セーブ・ザ・チルドレン (Save The Children)」との東北支援プロジェクトをテーマにしたサンドアートフィルムを公開

PR TIMES / 2012年9月12日 16時21分



2008年より、NGO団体「セーブ・ザ・チルドレン」の活動をサポートしているブルガリは、去る9月8日に表参道で開催された、雑誌Vogueが主催するファッションイベント「FASHION’S NIGHT OUT」で、東日本大震災で被害に遭った東北のこども達をテーマにしたサンドアートムービーを制作し、表参道のブルガリ イル・カフェにて上映いたしました。

このアートは、サンドアートパフォーマンスグループ「SILT」が制作したもので、「ブルガリ セーブ・ザ・チルドレン」リングが本活動に貢献し、その活動によって震災被害に遭った東北の子どもたちの笑顔が生まれる様子をイメージしたものです。ムービーは以下YouTubeよりご覧いただけます。

ブルガリでは今後も様々な形でこのプロジェクトに真摯に取り組み、1人でも多くの子どもの未来が明るいものとなることを願います。



ブルガリ セーブ・ザ・チルドレンプロジェクトとは:

“教育”こそ人生を変えうる“生きる力”を授けるものとして、ブルガリでは2009年より世界的な国際援助団体(NGO)「セーブ・ザ・チルドレン」と連携し、世界の最も弱い立場にある子供たちに、より質の高い教育を受ける機会を提供しています。これまでにブルガリでは1,200万ユーロ(約12億円相当; 2012年6月時点)以上の寄附を募り、世界20カ国に及ぶ35万人以上の子供達を支援してきました。又、同活動を通じて、東日本大震災の復興もサポートしています。

セーブ・ザ・チルドレンとのパートナーシップを開始して以来3年となりますが、その絆はさらに深まっており、ブルガリではこれからもこの重要な支援活動を継続していきます。


「ブルガリ セーブ・ザ・チルドレン」リング ¥48,300(内¥9,600がセーブ・ザ・チルドレンへ寄附されます)



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング