全14組の人気アーティストがペットへの想いを熱唱 &PETS project【HAPPY MUSIC FESTA】2012年度の公演が閉幕 来年以降も継続して実施へ

PR TIMES / 2012年9月18日 16時59分



=================================================================
全14組の人気アーティストがペットへの想いを熱唱
&PETS project【HAPPY MUSIC FESTA】2012年度の公演が閉幕
来年以降も継続して実施へ
http://www.happymusicfesta.com
=================================================================

 ペットの幸せと命を考える音楽イベント
「&PETS project 【HAPPY MUSIC FESTA】 2012 vol.3 ~Toward ZERO~」は、
9/16(日)実施の大阪公演をもって2012年度の全公演が閉幕しました。
このイベントは、小さな命への想いをのせた音楽と、
動物たちとのふれあいを楽しめる、ユニークなミュージックイベントです。
 
 大阪公演の会場となった服部緑地公園野外音楽堂には、トータス松本、スガシカオ、
BONNE PINK、キマグレン、IMALU、NA-Oなど人気アーティストが出演し、満員の観客を湧かせました。
「梅ちゃん」こと梅垣義明の、客席を練り歩きながらのパフォーマンスには場内が笑いに包まれ、
愛犬家で知られる松本秀樹らによるトークセッションでは、
ペットを飼う心構えの大切さや、不幸な犬猫がいる現実を訴えました。
フィナーレにはトータス松本&ジョン・Bが登場し、アンコールでは
ウルフルズ活動休止から3年ぶりの「ガッツだぜ!」を披露するなど、大歓声のなか幕を閉じました。
 
 会場内には、アーティストが飼っているペットの写真、
動物福祉団体によるパネル等も展示され、観客が足を止めて見入りました。
また、会場の外では、初の試みであるフリーマーケット「Happy Meets Market」が同時開催され、
保護犬との触れあいコーナー、有名ブランドのペットグッズ、手作り雑貨、
ペットフードのサンプリングなど、多種多様なブース並び、
温かく楽しい雰囲気の中、各ブースを訪れる出演アーティストの姿も見られました。

 9月8日(土)・9日(日)の東京公演と合わせ、
「&PETS project 【HAPPY MUSIC FESTA】 2012 」には、のべ3,000人以上の
ペット好き・音楽好きの観客と、全14組もの動物好きのアーティストが集結しました。
なお、このイベントの収益の一部は、複数の動物福祉団体に寄付されます。
 来年以降も、「犬猫の殺処分数をゼロにしたい」「動物のために懸命に活動している人たちをサポートしたい」
という願いを実現するため、『HAPPY MUSIC FESTA』の実施を継続してまいります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング