DDN が次世代エクサスケールの基盤となるストレージ技術開発を加速

PR TIMES / 2012年12月13日 10時50分

またインテル社とのパートナーシップ締結を発表

2012年12月13日
DDNはエクサスケールの研究開発に対する1億ドルの投資、またインテル社とのパートナーシップ締結を発表しました
(DataDirect Networks, Inc. の二つのニュースリリース(2012年11月14日米国時間)の抄訳 )



SUNNYVALE, CA USA - (November 14, 2012) - DataDirect Networks (DDN(TM))は科学技術計算におけるエクサスケールのパフォーマンス達成のために、今後の研究開発に1億ドルの投資を行うこと、また米国エネルギー省が推進する大規模計算の研究開発「FastForward」プログラムにおいて、インテル社のコラボレーションパートナーとして選ばれたと発表しました。

「データ集約型コンピューティングにより、複雑な大量のデータに基づいて貴重な情報の作成が可能となり、個人、組織、産業、政治に対して大きな影響を与えることになります」とDDNのCEO兼共同設立者のアレックス・ボウザリは述べています。「より優れた自動車バッテリ用の素材開発、より正確な気象モデリング、高解像度の天文学シミュレーションなどの挑戦に取り組むことが可能となります。この発表で、DDNはエクサスケールに向けての道筋を明確にし、スーパーコンピューティングの未来に中心的な役割を果たし続けることを保証します」。

エクサスケールとは、1秒間に10の18乗(100京)回の演算を超えるパフォーマンスを実現する能力を指します。このレベルの計算能力に2018年ごろには到達すると予想されています。その開発を競い合う中で選ばれた世界のトップ100(2012年6月の Top500 リストによる)のスーパーコンピューター中、60システム以上がDDNのストレージを採用しています。

「エクサスケールへの投資により、DDN はハイパフォーマンスコンピューティングの最先端を走り続けるという確固たる意思を表しました」とIntersect360Research 社 CEO、アディソン・スネル氏は述べています。「HPC 技術はビッグデータの到来によりメインストリームとなり始めており、スケーラブルで効率的な計算のための次世代技術を開発する DDN のような HPC のリーダーにとっての市場誘因となっています」。

DDN の投資は、エクサスケールの重要な部分である次のような分野に振り向けられます:

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング