楽天グループのKobo社、 新電子ブックリーダー2機種を日本市場に投入 - 「kobo glo」は、本日より予約開始 -

PR TIMES / 2012年11月1日 16時58分



楽天グループのKobo社、
新電子ブックリーダー2機種を日本市場に投入
- 「kobo glo」は、本日より予約開始 -
http://kobo.rakuten.co.jp/

 楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 「楽天」)の子会社であるKobo Inc.(本社:カナダ トロント市、CEO:Michael Serbinis、以下「Kobo社」)は、新しい電子ブックリーダー「kobo glo」、「kobo mini」の2機種を日本市場に投入することとなりましたので、お知らせいたします。第一弾として、11月1日から「kobo glo」の予約受付を始め(URL http://kobo.rakuten.co.jp/)、11月15日より7,980円(税込み)で出荷を開始いたします。また、「kobo mini」は、12月中旬に6,980円(税込み)で発売予定です。今回のkoboシリーズのラインアップ拡充に伴い、スタンダードタイプの「kobo Touch」は新価格6,980円(税込み)で提供いたします。

 新電子ブックリーダーは、2012年10月1日より米国やカナダなどで販売を開始し、多くの読者から高い支持を受けています。「kobo glo」は、紙の書籍を読むのと同じような感覚で読めるE Ink社のディスプレイを採用しています。また、フロントライト機能を搭載し、寝室など暗い場所でも書籍やコミックを楽しむことができる電子ブックリーダーです。さらに、標準搭載のストレージに加え、microSDカード(最大32GB)を利用することによりメモリを拡張でき、コミックだと約600~1,500冊、書籍の場合だと約3万冊分を持ち運ぶことができるようになります(注1)。

 「kobo mini」は、手のひらにも納まる5インチのディスプレイを採用し、約1,000冊の書籍を保存することが可能です(注1)。E Ink社の電子ペーパーを採用することにより、太陽の下でも画面が反射しないため、目に優しく、長時間の読書にも優れています。「kobo Touch」は、7,980円から6,980円に価格改定し、エントリーモデルとしてさらにお求めやすい価格で提供します。

Kobo社は、本の可能性を広げるため「読書革命」を提唱し、本年7月19日に日本で電子ブックサービスを開始しました。「koboイーブックストア」では、小説やエッセイ、ビジネス書、コミックなど幅広いジャンルの人気作品を取り揃え、日本の読者に電子ブックリーダーの楽しさを広めてまいりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング