文芸界における作家と読者の関係に新たな波!ショートショート作家のホープ・田丸雅智が文芸界初のオンラインサロンを開設!

PR TIMES / 2014年12月22日 15時17分

コンテストで最優秀賞受賞など各界から高い評価を受けており、今人気急上昇若手ショートショート作家・田丸雅智が12月20日より有料会員制のオンラインサロンを開設しました。文芸界では初の取り組みとなり、新人作家における長期的なファンの育成の場、マネタイズの方法として注目されています。



若手ショートショート作家・田丸雅智が主催する有料会員制のオンラインサロン「田丸雅智のショートショートな書斎」が12月20日よりスタートいたしました。
田丸氏は「ショートショートの神様」と呼ばれている星新一の孫弟子でもある新世代ショートショート作家です。全国の小学校で出張授業を行ったり、若手落語家や人気お笑い芸人とのイベントが企画されるなど、文筆活動以外の場でも活動の幅をどんどん広げています。
(※ショートショートとは、原稿用紙20枚程度以下の短い小説のことです。)

文芸界においてファンが作家と直接触れ合える場としては、本の発売時に版元や大手書店が企画するサイン会などが中心となり、継続性のない断片的なものになりがちです。
そのため
1.作家自らが主宰し
2.継続的に
3.双方向のコミュニケーションがとれる
のが特長のオンラインサロンは、文芸界の新人作家における長期的なファンの育成の場、マネタイズの方法として注目されています。

オンラインサロンは、
・新人作家にとっては初期からのコアなファンに支えられながら作品づくりに専念できる
・ファンにとっては好きな作家を支えつつ、より密接なコミュニケーションがとれる
という双方にとって価値ある場として機能します。

▪︎「田丸雅智のショートショートな書斎」概要
【金額/募集人数】
月額1,000円/初回30人限定募集
【コンテンツ内容】
作品になる前の言葉やアイデアの共有、制作の裏側公開、みんなのオススメ作品紹介、 ショートショートの書き方講座、田丸氏独自のメソッドの紹介、定期的なオフラインイベ ント、ゲストとのコラボ企画など

【関連URL】
http://synapse.am/contents/monthly/masatomotamaru

この仕組みは、Facebookを活動場所として実名同士の個人が繋がるSynapse(運営元:株式会社モバキッズ)の仕組みを利用しています。実名制のため炎上リスクが少なく、さらに有料のため自分が興味関心のあるジャンルについて本気で語りたいメンバーのみが集まった濃いコミュニティが実現します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング