『洋服の青山』で企業制服を本格受注 「アオヤマ ユニフォームカタログ」を創刊 オリジナルデザインも受注

PR TIMES / 2013年3月5日 14時39分



青山商事株式会社(代表取締役社長:青山理)は、2012年10月に法人部を設立し、全国の『洋服の青山』店舗(2013年1月末現在745店舗)を受注窓口とした制服事業を本格的に開始いたしましたが、今般、法人様の多様なニーズにお応えするため、受注窓口となる全国の『洋服の青山』店舗に、14カテゴリーの職種・タイプ別に分類したメンズ・レディスのユニフォームを掲載した『アオヤマ ユニフォームカタログ』(創刊号)を設置いたしました。

『アオヤマ ユニフォームカタログ』には、オフィス用ユニフォームの他、クラブ・サークル向けウエアや、シェフ、タクシードライバー、ナース、工場等での作業着といった多様なワーキングウエアなど、これまで『洋服の青山』では扱っていなかった分野の衣料品を120ページにわたって約1600品番取り揃え掲載いたしました。今後は、最寄りの「洋服の青山」で豊富なデザインとカラーバリエーションの中からユニフォームをお選びいただけるとともに、カタログに掲載されている商品以外のオリジナルユニフォームのご相談についても随時店舗で承り生産する体制を整えました。


現在、制服の市場規模は約4700億円で全国に約2500の代理店があると推定されております。 その中で当社は、全国にある店舗網を制服受注の強みとし、代理店としての機能を発揮させることで制服市場に参入する体制を構築いたしました。
当社は制服市場という新しい分野の開拓を進めることで、団塊世代の退職や少子化といったスーツ市場の縮小を補いつつ更なる事業の拡大を図り、今後、制服事業として企業制服と学生服を合わせて、5年後に年商50億円を目指し、将来的には100億円規模にしてまいります。

当社は、紳士服専門店としてスーツ販売着数世界一(ギネスブック認定)のスケールメリットによるコストダウンを実現するとともに、長年培った製造小売(SPA)の強みと、生産・縫製技術により確立した「青山品質」をユニフォーム作りにも活かしております。今後も、更にノウハウを蓄積して、最先端のデザインや機能性素材を融合した商品を開発し、積極的に企業制服の受注を拡大してまいります。


■『アオヤマ ユニフォームカタログ』掲載一例(HPにて電子カタログ閲覧可) 

Ladys オフィスウェア


ベーカリー・レストラン ケーキ屋・ファーストフード


MEDICAL ケーシー・ナースウェア


クラブ・サークル等 ベスト&ブルゾン


制服カタログURL
http://www.y-aoyama.jp/uniform/index.html


《本件に関するお問い合わせ先》

青山商事株式会社 東京本部 広報室
〒110-0005 東京都台東区上野4-5-10TSCTOWER 7F
TEL 03(5846)5656     FAX 03(5846)5725
広報室 室長代理 岡田 希之
広報室 課長 磯野 猛

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング