太陽光発電システムを導入するとしたら期待することは、昼間に発電した電気を蓄電して夜に使う:86.5% 太陽エネルギーで実現するこれからのスマートライフとは?

PR TIMES / 2013年3月15日 10時43分



 太陽光発電システムがエコで経済的なこれからのエネルギーライフに欠かせないことは、すでに多くの人に知られるようになりました。しかし、その一方で、まだあまり知られていない事実もたくさんあります。
 正しい知識をもって、それぞれの住まいにあった太陽光発電システムを選んでいただくことが、豊かなエネルギーライフにつながるのではないでしょうか。
 そこで、知っていそうで知らない太陽光発電についての話を消費者調査の結果とともにご紹介します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

■今後、太陽光発電システムを導入するとしたら、期待することはどんなこと ?
昼間に発電した電気を蓄電して、夜に使う:86.5%
家庭内の全ての電気機器との連携:72.7%

 太陽光発電システムに興味のある全国の男女1,500人に、「もし今後、太陽光発電システムを導入するとしたら、期待することは何ですか」とたずねたところ、「昼間に発電した電気を蓄電して、夜に使うことに期待する※1」と答えた人は全体の86.5%、また、「家庭内の全ての電気機器と連携できることに期待する※1」と答えた人は全体の72.7%にものぼることがわかりました。

 東日本大震災以降、家庭でも節電をすることが常識となりつつありますが、これらの結果からは、さらに今後は、ただ単に省くだけでなく、家庭でも電気をつくり、蓄え、賢く使う時代が当たり前になってくることに対する期待の高さが伺えます。


---------------------------------------------------------------------------------------------------


私が、お話します!


小長井 誠 (東京工業大学 教授/工学博士)
太陽電池、とくに薄膜太陽電池に関する研究で知られる。半導体や太陽電池の物性に関する著書に、「アモルファス太陽電池」(昭晃堂)、「半導体物性」、「薄型太陽電池の基礎と応用」(共に培風館)などがある。


■太陽光発電システムは、より効率重視の時代へ

 環境先進国といわれるドイツで太陽光発電システムが急速に広まったのは、2000年代のこと。家庭でつくった電力を固定価格で電力会社が買い取ってくれる制度「フィードインタリフ」が始まったのがきっかけです。制度施行後のドイツでは、企業や家庭で太陽光発電を行うことが、ただの節約や環境に対する意識の表れではなく、明確なメリットを持つ投資へと変化しました。お金や土地をもっている者が、こぞって太陽光発電システムを導入したわけです。ドイツに限らず、イタリアなどヨーロッパ各国も同様に、太陽光での発電量を飛躍的に伸ばしてきました。このように、太陽光発電システムが普及していく過程では、買取制度や補助金といった制度面の影響が大きいのです。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング