ストッケ マイキャリア レッドドット・プロダクトデザイン賞を受賞

PR TIMES / 2013年5月8日 15時24分

毎年優れたデザインを選ぶ国際的なデザインコンテスト「レッドドット・デザイン賞」(本部:ドイツ)において、ノルウェー生まれのベビー用品ブランド、ストッケのベビーキャリア「ストッケ マイキャリア」が「レッドドット・プロダクトデザイン賞 2013」を受賞しました。



レッドドット・デザイン賞(red dot design award)は、ドイツ・エッセンのノルトライン=ヴェストファーレンデザインセンター(Design Zentrum Nordrhein Westfalen)が主催する国際的なプロダクトデザイン賞で、それぞれプロダクトデザイン、デザインエージェンシー、デザインコンセプトの3部門から成り立っています。

従来のベビーキャリアの常識を覆す、ストッケ マイキャリアの革新的なアイデアや美しいセンス、そして優れた機能性が高く評価され、プロダクトデザイン部門で「レッドドット・プロダクトデザイン賞 2013」を受賞しました。

応募総数が1950年代のレッドドット賞設立以来、最多の年となった今年は、54ヶ国から4,500点を超える製品の応募がありました。これらの製品は、分野別に19カテゴリーに分けられ、世界から集まった経験豊富な審査員らによって、さまざまな基準に沿って評価・選考されました。

レッドドット・プロダクトデザイン賞の審査員は24ヶ国、37名で構成され、日本からは工業デザイナーのKEN OKUYAMA(奥山清行)氏、コンセプトクリエイターの濱口秀司氏、建築家・デザイナーの阿部雅世氏が審査員として参加されています。

同賞の審査は大変厳しいことで知られており、世界中から集まったデザインの専門家である審査員が、受賞の栄冠を与えるのは、優れたデザインで使う人の気持ちを惹きつけ、他製品とは明らかに一線を画す高品質な製品のみとなっています。

Stokke ASのマーケティング・ディレクター、Janne Strommen(ヤンネ・ストローマン)は次のようにコメントしています。

「ストッケ マイキャリアはまさにベビーキャリア市場における革新と言えます。多機能な製品で、お子さまの成長に応じて3通りに形を変えてお使いいただけます。もちろん、お子さまやご両親の快適性や人間工学への妥協はありません。

デザインと革新に対するストッケの真摯な取り組みが、レッドドット・プロダクトデザイン賞において、著名な審査員の皆さまから再度評価されたことをとても喜ばしく思っています」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング