産官学連携「中堅企業研究会」が発足

PR TIMES / 2014年5月13日 14時13分

産官学の識者が集まり、日本の中堅企業の競争力強化を支援

2014年5月13日、産官学各界の有識者が共同で「中堅企業研究会」を発足しました。

「中堅企業研究会」は、慶応大学大学院経営管理研究科の磯辺剛彦教授を中心に、産官学それぞれの立場で中堅企業に携わり、専門的知識を有する以下5名で構成され、日本の中堅企業およびそれら企業が直面する課題を調査分析して解決策を示したり、経営者への情報提供を行ったりすることを目的とした研究会です。

研究会メンバー(五十音順)
磯辺剛彦 慶応大学大学院経営管理研究科教授(座長)
谷田千里 株式会社タニタ代表取締役社長
出口治明 ライフネット生命保険株式会社代表取締役会長兼CEO
林康夫  JETRO顧問・元中小企業庁長官
沼上幹  一橋大学大学院商学研究科教授

当研究会が扱う中堅企業の定義は、年商10億から1,000億円の日本企業です。これら中堅企業は、バリューチェーンでトップシェアを持つ企業が多く、イノベーションの担い手になるケースが多々観察されます。顧客対応においては現場主義でソリューション能力が高く、社内の階層距離が短いため、日本企業が得意とする組織力で戦いやすいという特徴があります。しかし、経済と産業界の土台を支える存在であるにもかかわらず、中堅企業の重要性に対する認識や政策支援は、大企業や零細企業へのそれに比べ、十分とはいい難い状況です。

このような認識の下、当研究会は、中堅企業とそれら企業を取り巻く問題や機会について議論し、提言などを通じてその存在と役割の重要性を広く社会に知らしめるほか、中堅企業経営者に市場調査など各種情報を提供していく予定です。これらの活動を通じて、中堅企業全体の底上げを図るとともに、それら企業の競争力向上を支援し、日本全体のさらなる発展への寄与を目指していきます。

<参考資料>
「中堅企業研究会」研究会メンバー略歴(五十音順)

■座長 磯辺 剛彦 慶應義塾大学大学院 経営管理研究科教授
1981年慶應義塾大学経済学部卒業。1981年(株)井筒屋入社。1991年同大学経営学修士号、1996年同大学経営学博士号取得。1997年スタンフォード大学ビジネススクール客員研究員。1999年流通科学大学商学部教授。2005年神戸大学経済経営研究所教授。2007年より現職。
2008年スルガ銀行企業経営研究所所長。商工総合研究所中小企業研究奨励賞(1999年)、国際ビジネス研究学会賞(2010年)受賞。著書に「トップシェア企業の革新的経営:中核企業の戦略と理念」(白桃書房、1998年)など。「中核企業」の提唱で知られる。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング