~夫のお小遣い実態調査~ 夫のお小遣いの平均は、35,947円! アベノミクス効果?お小遣いがもっとも増えたのは、30代!

PR TIMES / 2013年6月26日 19時47分

 フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木名瀬博)は、夏のボーナスシーズンをむかえ、2013年6月6日~6月12日に当社登録の20代~60代の既婚女性会員を対象に「夫のお小遣い実態調査」を実施しました。有効回答者数は847名でした。



【調査結果】
(1) 夫と妻のお小遣い額について
 夫のお小遣いは、「30,001~50,000円」が最も多く28.6%となり、ついで「20,001~30,000円」が27.7%となるのに対して、妻のお小遣いは、「10,000円以内」が39.8%を占めました。
 夫のお小遣いが、「3万円以内」の比率については、全体で54.1%、年代別にみると20代81.3%、30代69.0%、40代52.1%、50代以上42.1%と年齢が上がるにつれて、低くなっています。一方、「5万円より多い」お小遣いの比率は、30代で9.0%に対して、40代になると17.0%、50代以上になると21.9%と高くなっています。
 夫のお小遣いに関する妻のコメントでは、「最近、家計が苦しいので、夫にお小遣いを渡すとき『少なくてすみませ~ん』と頭を下げ金額も少しだが下げています。『なんで私があやまらなあかんねん!!』と、腹が立つところもありますが、比較的円満に金額を下げることが出来たので当分、この作戦で行こうと思います。」(50代以上夫、お小遣い額20,000円)や「私が『自動販売機なんかでジュースなんて、ここ数年買った事なくて、買い方を忘れたよ(冗談)』と言うと、夫は『僕なんてATMに触れたこともないから、ATMの使い方すら知らないよ。高校生以下だよ(冗談)』と返してきた。」(40代夫、小遣い額15,000円)、「お小遣いで買うはずのたばこや書籍等が、一緒に買物した際に買物カゴに入っていて、新たな支出になっています。曖昧にしておいた方がいいのかな?と思ってそのままにしています。」(40代夫、お小遣い額33,000円)など、夫婦間の様々なかけひきの様子が垣間見られました。


(2) 夫のお小遣い額の平均について
 夫のお小遣い額の平均は、35,947円となりました。お小遣いに昼食が含まれるかどうかを聞いたところ、「昼食代込のお小遣い」が44.4%、「昼食代別のお小遣い」が55.6%となりました。
 また、昼食代込と昼食代別に分け、お小遣い額の平均を算出したところ、昼食代込のお小遣い平均額が45,555円、お弁当を持参するなど昼食代別のお小遣い平均額が28,315円となりました。
 お小遣い額の平均については、前回(2012年11月実施)の調査結果では35,890円でしたので、57円増と全体でほぼ横ばいとなりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング