大ヒットの「どうぶつしょうぎ」に次ぐ、対戦型知育ゲーム「どうぶつサッカー」を発売!

PR TIMES / 2014年11月25日 14時29分

株式会社幻冬舎エデュケーション(代表取締役社長:中村晃一/東京都渋谷区)は、エイベックス・スポーツ株式会社(代表取締役社長:伊藤正二郎/東京都港区)によるプロデュースのもと、「どうぶつサッカー」(ゲーム考案:しんどうこうすけ/イラスト&デザイン:藤田麻衣子)を、11月28日(金)に全国の書店・玩具店にて発売致します。




本商品は、どうぶつたちが大活躍するミニサッカーゲームです。仲間をどこに動かせばパスがつながってシュートができるか、相手にシュートをされないためにはどう守るかなど、作戦を立てながら仲間と協力をしてゴールをねらいます。ルールはとてもシンプルで、駒の動きをおぼえる必要もなく、すぐに決着がつくので、小さなお子さまでも楽しく遊ぶことができます。


子どもが好きなスポーツとして常に人気のサッカーですが、ボードゲームとして商品化したものは多くありません。本商品では、シリーズ累計70万部を売り上げた「どうぶつしょうぎ」(当社発売)のノウハウを生かし、サッカーに盤ゲームの要素を加えたことで、思考力・判断力・分析力が育つ頭脳スポーツゲームとなっています。遊びながら頭を鍛えるアナログ知育ゲームの価値が見直されているなか、サッカー×知育ゲームという新しいジャンルを確立することができました。
ゲームの考案は、エイベックス・マネジメント所属のクリエイターしんどうこうすけ氏。エイベックス・スポーツ株式会社は、トップアスリートのマネジメント、ブランディングにおいて、高い実績と評価を得ています。イラストは「どうぶつしょうぎ」の藤田麻衣子氏が手掛けました。


【遊び方】
1、 交互に自分のチームのどうぶつを、1ぴきずつ動かします。
2、 自分の番にできることは、「どうぶつを空いているマス動かす」か、「どうぶつをボールのあるマスに動かして、キックする/味方にパスする」かのどちらかです。どうぶつはタテ・ヨコ・ナナメに1マスだけ動き、ボールは駒の印の方向に 2マスまでキックできます。パスの連携は何回しても構いません。
3、さるは一番上の段まで進むと、駒を裏返して親子ざるにパワーアップ! 一度に2マスまで動くことができます。
4、先にボールを相手のゴールに入れたほうが勝ち!

遊び方は下記URLでご覧になれます。
■ゲーム紹介(前編)~ルール編~ 
http://youtu.be/sWvjQlR81IE
■ゲーム紹介(後編)~対戦編~ 
http://youtu.be/4IrMOHPU0H4


【商品内容】


どうぶつ駒 6個(さる×2、うさぎ×2、りす×2/木製)、ボール駒 1個(木製)、コート盤 1枚(木製)、あそびかたガイド
【商品サイズ】
パッケージ: 207×158×34mm、盤: 295×189mm、駒: 32×32×10mm
【対象】5歳から大人まで  
【プレイ人数】2人 
【価格】1,500円+税
【販売場所】全国の書店・玩具店  
【発売日】2014年11月28日(金)


【リリースに関するお問い合わせ】
株式会社幻冬舎エデュケーション
TEL 03-5411-6215 / FAX 03-5411-6217 / E-mail: info@gentosha-edu.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング