ウェスティンホテル&リゾート、 『ウェスティン・ウェルビーイング・ムーブメント』キャンペーンをスタート

PR TIMES / 2014年3月25日 18時9分

1500万ドルを投入したグローバルキャンペーン、第1弾は業界初「メディテーション(瞑想)」プログラムを導入

世界約40ヵ国で190以上のホテルやリゾートを展開するウェスティンホテル&リゾートは、この度、世界各地の旅先で「ウェルビーイング(Well-Being)」を体験して頂くための6つのブランドコンセプト*¹(Sleep Well, Eat Well, Move Well, Feel Well, Work Well, Play Well)に基づいた『ウェスティン・ウェルビーイング・ムーブメント』キャンペーンを1500万ドル投入しグローバル規模で1年間実施いたします。その第1弾として、ブランドコンセプトのうち“Feel Well”を体験していただくことを目的に、集中力アップや心身の癒しに効果があるといわれている「メディテーション(瞑想)」をテーマとしたオリジナルプログラムを提供いたします。



今回のキャンペーンでは、世界有数のメディテーションコンサルタントでもあるアンディ・プディコム(Andy Puddicombre)率いるヘッドスペース社*²(Headspace)と、業界で初めてパートナーシップ契約を結び、オリジナルのメディテーションプログラムをWestin.comの専用サイトにて提供します。

当ホテルをご利用いただくお客様を想定して監修されたこの新たなプログラムは、レジャーまたはビジネス利用、宿泊前または宿泊後などのニーズにも対応しており、睡眠前、お出かけになる前、仕事からオフに切り替える時など、あらゆる場面に応じたプログラム内容となっています。

さらに、当キャンペーン実施を記念して、国内外含め約200軒のウェスティンホテルにて、ヘブンリーベッドやスーパーフード、癒しの香ホワイトティーなど、6つのブランドコンセプトを気軽に体験頂けるオープンハウスを展開中です。また、様々な女性誌で活躍中の人気モデル兼ヨガインストラクターとしても活躍中の野沢和香さん(雑誌『VERY』レギュラーモデル、ヨガインストラクターとして活躍中)を『ウェスティン・ウェルビーイング大使』に任命いたします。3月24日のウェスティンホテル東京での任命式では、野沢和香さんを講師として迎え、ウェスティンの“Feel Well”を体感して頂くためのメディテーションヨガをご紹介していただきました。

「ウェスティンでは、お客様の“ウェルビーイング”の質を高めていくためのサービスをあらゆる場面で提供していきたいと考えています。世界トップクラスのウェルネスブランドやエキスパートと提携を組み、革新的かつパーソナルなサービスを世界中のウェスティンホテルで提供できることを誇りに思います。ヘッドスペース社は、世界中の人々のウェルビーイングをより良くしたいという当社の情熱を共有できるパートナーかつブランドであり、当社の活動へのヘッドスペース社創業者プディコム氏と彼のチームの協力を嬉しく思います」(ウェスティンホテル グローバル・ブランド・リーダー、 ブライアン・ポビネリ氏のコメント)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング