BICジャパン、新生活期向けの持ち運びしやすい“BIC修正用品ミニコレクション”「BIC ミニリフィラブルテープ」と「BIC ミニシェイクンスクイーズ」を販売

PR TIMES / 2014年3月12日 12時40分

デザイン、サイズ、コスト、品質を兼ね備えた“シンプルで使いやすい”製品。ペンケースに無理なく収まるコンパクトサイズで新生活期にピッタリ。

ステーショナリー製造販売のグローバルブランド、Societe Bic(ソシエテ・ビック)の日本法人BICジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:柳澤 博幸)は、春の新生活期に向けた持ち運びしやすいコンパクトサイズの修正用品2種、「BIC ミニリフィラブルテープ」を3月下旬より、「BIC ミニシェイクンスクイーズ」を3月中旬より販売します。価格は、「BIC ミニリフィラブルテープ」が200円(税別)、交換式のカートリッジが120円(税別)、「BIC ミニシェイクンスクイーズ」が180円(税別)です。いずれも全国の主要文具店・雑貨店にて販売されます。



「BIC ミニリフィラブルテープ」は、デザイン・サイズ・コスト・品質を兼ね備えた使いやすいカートリッジ交換式の修正テープです。幅5mmという汎用性の高いテープを6m使用できます。使いはじめのヨレ/ねじれの軽減と使い終わりのキレのよさを実現するとともに、紙との密着性の向上や裏写りの防止など、修正テープに求められる消費者ニーズをバランスよく満たしています。また、中身が見えるスケルトンボディはテープ残量をひと目で確認でき、プッシュボタンにより交換式カートリッジをワンタッチで着脱することができるほか、使用中テープが脱落しにくいアプリケーターを採用しています。全長5cmというコンパクトサイズのためペンケースにすんなり収まり、テープを保護する大型キャップケースがあるため安心して持ち運ぶことができます。パープル・オレンジ・グリーンと春らしいポップな3色を取り揃えました。

「BIC ミニシェイクンスクイーズ」は、細部の修正に最適なペンタイプの修正液です。ペンを握った指先の押し加減でインク量を直感的に操作できる“プッシュポンプ式”を採用しています。収納時には全長わずか9.6cmとコンパクトサイズなので、ペンケースに入れていつでもどこでも持ち運ぶことができます。


■BICジャパンについて
1945年にフランスに設立されたビックは、1950年、創業者のマルセル・ビックがヨーロッパで初のボールペンの製造・販売を行ったボールペンのパイオニアです。以来、ビックは高品質・高機能の文具品を創り続けており、毎日約2,400万個が世界中で販売される文具のマーケットリーダーとなりました。ビックは、文具品のみならず、ライターやシェーバーなどの製品も製造・販売しております。ライター分野では1973年に火炎調節機能付きの使い捨てライターを発売し、以来、高品質を保つライターが毎日約600万本販売されています。また、シェーバー分野では、1975年に世界初のディスポーザブルタイプの一枚刃シェーバーを開発し、毎日約1,000万本ものシェーバーが世界で使用されています。ビックは、それぞれの製品が世界の人々に愛されつづけるよう、これからもより使いやすくお求めやすい価格の製品を開発してまいります。

■BICジャパンホームページ:http://www.bic-japan.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング