創刊20周年企画・「たまひよの妊活」プロジェクト始動『妊活たまごクラブ』2014年3月13日(木)発売・女性だけじゃない…今日からできる“男女の「妊活」”を応援

PR TIMES / 2014年3月13日 15時53分

森三中・大島美幸さん巻頭インタビュー、二人三脚の「妊活」とは?

 株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市・以下ベネッセ)発行の月刊誌「たまごクラブ」「ひよこクラブ」は、2013年10月15日に創刊20周年を迎えました。これまでに様々な20周年企画をおこなってまいりましたが、このたび、新たなプロジェクトとして、「いつか赤ちゃんが欲しい」と願う男女双方の「妊活」を応援する、「たまひよの妊活」プロジェクトを開始いたします。また、その第1弾として、2014年3月13日(木)には、ムック本『妊活たまごクラブ』を発売いたします。



■ 男女がともに取り組む「妊活」を応援―『妊活たまごクラブ』発売への想い                 
 このたび開始する「たまひよの妊活」プロジェクトは、「たまひよ」創刊20周年にあたってのキーメッセージである、「赤ちゃんがふえる しあわせがふえる」から生まれたものです。この20年間、赤ちゃんと家族を見守ってきた「たまひよ」では、妊娠・出産・育児期におけるママ・パパの課題解決に向けてより一層努力するとともに、「赤ちゃんがもっとたくさん生まれる、赤ちゃんを産みやすい社会」を目指すべく、プロジェクトの第1弾として、ムック本『妊活たまごクラブ』の発売を決定いたしました。
 昨今広く知れ渡るようになった「妊活」(「妊娠活動」の略称)とは、妊娠についての知識を身につけ、体調管理を心がけたり、出産を考慮に入れた人生設計をしたりすることです。女性が中心になるものと考えられていることが多いですが、「妊活」は、ご夫婦・カップルが2人で取り組むものだと「たまひよ」では考えています。
 『妊活たまごクラブ』はこの考えに基づき、これまでの「妊活」に関する書籍ではあまり触れられてこなかった、男性の「妊活」についても注力して企画を展開しております。「たまひよ」だからこそ実現できる、ベネッセ教育総合研究所次世代育成研究室による、リアルな大規模調査のデータをベースに、最新、かつ、役立つ情報を盛り込んだ内容に仕上げています。

■ 巻頭企画:森三中・大島美幸さん緊急インタビュー!ご主人と二人三脚の「妊活」              
 『妊活たまごクラブ』の巻頭企画の1つとしては、「妊活」による休業を発表された、森三中・大島美幸さんのインタビューを掲載しております。本インタビューでは、「妊活」に対してのまわりからの反応や、ご夫婦で「妊活」に取り組まれている様子などについて、大島さんの素直な気持ちを語っていただきました。現在、ご主人と二人三脚で「妊活」をしている上で、おもしろかったことや、工夫していることなど、ご夫婦で楽しみながらポジティブに「妊活」に取り組んでいることが伝わります。これから「妊活」をしたいと考えている方に向けてのメッセージとなるような、『妊活たまごクラブ』ならではの、必見のインタビューとなっています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング