ヘイズ、2014年の日本の採用市場の10大トレンドを発表/Top 10 talent trends for Japan in 2014

PR TIMES / 2013年12月10日 14時36分

【東京2013年12月10日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、リージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン) は、異文化対応能力やユニファイド・コミュニケーション関連テクノロジーのスキル、エンジニアリング分野における国内の人材不足など、2014年の日本国内の採用市場全体を特徴づけると思われる主要なトレンドを発表しました。


ヘイズ・ジャパンのリージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソンは次のように述べています。
「7-9月期に日本の経済成長率は1.9%に達する一方、消費者物価指数の上昇に弾みがついており、こうした影響は2014年の年明けから数カ月間で採用市場にも及んでいくでしょう。多くのセクターでバイリンガル候補者に対する強い需要が2014年も続くと見込まれます。グローバル市場での競争が激化する中、採用企業はグローバルな思考を持ち、海外本社とのやり取りや交渉をこなして日本国内のオペレーションを一段と高められる候補者を求めています」。

「もう一つのトレンドとして、求人数は確実に増加するものの国内では依然、エンジニアリング、財務計画立案・分析などを中心に適切なスキルを持った人材の不足が続くと予想されます。その結果、アジアの他の国からの採用枠をさらに拡大する企業が増加することが見込まれます」。

ヘイズが予測する2014年の国内採用市場の10大トレンド

1. バイカルチャー候補者:最早バイリンガルであるだけでは十分とは言えず、2014年には海外本社とのコミュニケーションや交渉事を行え、国内のオペレーションの地位を一段と高められるバイカルチャーな背景を持った候補者を求める企業が増加すると思われます。

2. 国内人材の不足:日本国内における人材不足は2014年も依然として大きな問題となり、特に不足の目立つエンジニアリングや財務計画立案・分析に加え、技術的スキルを必要とするあらゆるポジションで人材不足が高まると予想されます。その結果、企業はこれまでにも増してアジアの他の国からの候補者を受け入れるようになることが見込まれます。また、幅広い候補者に最も優れた人材を確保するため、採用企業側でもバイリンガルの採用担当者の需要が生まれると考えられます。

3. ユニファイド・コミュニケーション関連テクノロジーのスキル: あらゆる業界においてより効率的なビジネスコミュニケーションが求められるようになり、2014年にはユニファイド・コミュニケーション関連のテクノロジーや取り組みに対するニーズが高まります。このため、シスコIP テレフォニー、マイクロソフトLyncサーバーの豊富なスキルを持った候補者の需要が高まることが予想されます。また、製品やサービスのオンライン購入がますます増加し、使いやすく集客力のあるウェブサイト作りが必要になるため、UI/UXの技術に精通し、ユーザ・インターフェースの設計、導入経験が豊富でクリエイティビティを備えた人材が強く求められると予想されます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング