Ticket Restaurant(R)がTABLE FOR TWO と 社会貢献活動で連携

PR TIMES / 2013年12月25日 10時45分

2014年1月よりチケットレストランのキャンペーンを通じて、開発途上国の子ども達の健康改善に貢献

開発途上国の飢餓と先進国の肥満や生活習慣病の解消に取り組む特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International(事務局:東京都港区、代表理事:小暮 真久、以下 TFT)と連携し、福利厚生食事券『チケットレストラン』の発行サービスで知られるエデンレッドの傘下にある株式会社バークレーヴァウチャーズ(所在地:東京都千代田区、最高経営責任者:ローラン・ガシェ、以下 エデンレッドジャパン)は、2014年1月からキャンペーン「Ticket Restaurant(R) supports TABLE FOR TWO(チケットレストラン・サポーツ・テーブル・フォー・ツー)」を開始します。

この度、TFTの活動に賛同し、同社のCSR活動の一環として2014年1月~4月の間、本キャンペーンの広告をチケットレストランのユーザーに配布される冊子内で展開し、広く訴求していきます。ユーザーが、TFTに参加している店舗でTFTマークの付いたメニューや商品を購入するか、あるいはiPhoneアプリ「Table For Two」を利用して食事の写真を投稿したり、実名型口コミサイトの「Retty」を使ってレストランを紹介することで、TFTを通じてアフリカとアジアの子ども達の学校給食のために寄付されます。


エデンレッドジャパンはこれまで、食事券チケットレストランを通じて、就業中の昼休みを取る習慣の普及や、従業員が栄養面でバランスのとれた食事をすることを推進してきました。日本国内では、現在1,000社以上の企業・公共機関で、15万人以上の利用者が全国4万店以上のコンビニエンスストアや飲食店の加盟店で同サービスを利用しています。


エデンレッドジャパン 最高経営責任者のローラン・ガシェは、次のように述べています。「これまで、世界的なレベルで、栄養面での健康維持に重点を置いたCSRプログラムに取り組んできました。チケットレストランを通じて就業中の健康的な食事の大切さを訴求している弊社にとって、TABLE FOR TWO Internationalに協力する機会に恵まれ、とても嬉しく思います。誰もが気軽に参加できる本キャンペーンにより、一人でも多くの方が参加することで、弊社のお客様の健康管理が促進されると同時に、開発途上国の子ども達の食生活が改善されることを願っています。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング