ヒアルロン酸使用軟組織注入材「ジュビダーム(R)ビスタ ウルトラ」及び「ジュビダーム(R)ビスタ ウルトラ プラス」5月26日発売 全国の提携美容医療機関にて順次提供開始

PR TIMES / 2014年5月20日 15時59分

 アラガン・ジャパン株式会社(本社:東京都、代表取締役社長 レオ・ワイ・リー)は、ヒアルロン酸使用軟組織注入材「ジュビダーム(R)ビスタ ウルトラ」及び「ジュビダーム(R)ビスタ ウルトラ プラス」を2014年5月26日より発売いたします。



 「ジュビダーム(R)ビスタ ウルトラ」及び「ジュビダーム(R)ビスタ ウルトラ プラス」は、顔面における中等度から重度のしわや溝(鼻唇溝など)を修正することを使用目的とした製品で、2014年3月19日に日本で初めて厚生労働省より医療機器製造販売承認を取得したヒアルロン酸使用軟組織注入材です。EU諸国、米国、カナダ、オーストラリア等世界85ヵ国で既に認可を取得し、世界で広く患者さんにご使用いただいています。

 「ジュビダーム(R)ビスタ ウルトラ」及び「ジュビダーム(R)ビスタ ウルトラ プラス」はゲルの硬さが異なり、患者さんの希望する注入部位の状態及び仕上がりに応じて適宜選択されます。架橋ヒアルロン酸ゲル*1 をシリンジに充填し、顔面のしわや溝を修正するため、真皮中層部から深層部に注入して使用されます。当製品の特徴として、治療後は約1年程度の効果の持続*2 が期待できます。

 当社では、患者さんに安心して治療を受けていただけるよう、医療従事者向けの教育に力を入れており、本製品につきましても有効性・安全性についての情報の提供、製品の取り扱いに関する十分な説明、そして注入の手技で十分な経験を積んでいただくための実技トレーニングを実施してまいります。

各製品による治療が可能なしわ/溝の例


 アラガン・ジャパンは、美容医療において厚生労働省の製造販売承認を得た製品を患者さんにお届けすることで、科学的な根拠に基づいた美容医療の発展に貢献してまいります。これからも、当社は患者さん一人ひとりの「健康」と「生涯」に寄り添い、人生の可能性を最大限に実現することをサポートする「ヘルスケア・パートナー・カンパニー」を目指してまいります。

*1 ヒアルロン酸に架橋剤を添加してゲル状にしたもので、酵素分解を遅らせることで、製品の効果を長く継続させることを目的としています

*2 鼻唇溝への注入処置後、ジュビダーム(R)ビスタ ウルトラでは68%、ジュビダーム(R)ビスタ ウルトラ プラスでは78%の患者様が12ヵ月以上の期間にわたり、5段階のしわ評価スコアによる重症度1スコア以上の改善を維持しました (出典:Baumann LS et al. :Dermatol Surg 33 Suppl 2 : S128-135, 2007 及び Pinsky MA et al. :Aesthet Surg J 28(1) : 17-23, 2008)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング