博報堂DYインターソリューションズ、”iBeaconを使ったO2O型ソリューション”『Fab-BEACON(ファビーコン)』を提供開始

PR TIMES / 2014年11月27日 14時9分

顧客獲得から来店・来場促進、顧客ロイヤリティの向上まで O2O施策をトータルにプランニングし、クライアントのマーケティング活動を支援します。

株式会社博報堂DYインターソリューションズ(本社:東京都港区 代表取締役社長:橋本浩典 以下、博報堂DYIS)は、2014年12月より、iBeacon※を活用し、クライアントのO2Oマーケティングを支援するソリューション「Fab-BEACON(ファビーコン)」の提供を開始します。



「Fab-BEACON」は、サービス導入までの手軽さを追求し、簡単かつスピーディ・低コストでの導入を可能にしました。その他の自社サービスとの連携や、3Dプリンタを使ってBEACON端末のデザインケース作成など、オリジナルな展開を可能としています。「Fab-BEACON」と、博報堂DYISの強みであるソーシャルメディアマーケティングとデータマーケティングのノウハウを掛け合わせることで、導入支援から運用フェーズまで、クライアントのO2Oマーケティングをトータルに支援します。


■顧客獲得から来店・来場促進、顧客ロイヤリティ向上までトータルにO2O施策を支援

「Fab-BEACON」を導入することにより、既存顧客に対して再アプローチを可能とし、来店・来場促進に繋げ、博報堂DYISの注力領域であるソーシャルメディアマーケティングの実績・ノウハウを活かし話題化させることで、既存顧客だけでなく新規顧客に対してもアプローチし、O2O施策の活性化を促します。

また、位置情報に基づくユーザーの行動履歴や任意に取得した顧客属性情報などをデータ分析し、ユーザーの状況に合わせたセグメント情報配信、店舗内・会場内回遊促進、体験促進、再来店施策に活かすことで顧客ロイヤリティを向上させます。

■既存アプリにソースを1行加えるだけの簡単導入

「Fab-BEACON」は高まるiBeacon開発の需要を受け、導入までの手軽さを追求しました。既存アプリにソースを1行加えるだけという簡単導入かつ、低コストでのサービス導入を実現しました。

■「Fab-BEACON」のオリジナル機能

1. BEACON端末のケースを3Dプリントでデザインカスタマイズすることができます。ブランドのロゴやキャラクター等、ブランド価値や設置する場所に合わせたデザインケースを3Dプリンタで印刷し、オリジナルにデザインカスタマイズしたBEACON端末を設置します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング