『美術手帖』がボーイズラブ大特集 中村明日美子による描き下ろし表紙+マンガも!

PR TIMES / 2014年11月17日 15時1分

11月17日発売の月刊『美術手帖』12月号は、ボーイズラブ(BL)・マンガを表紙巻頭で大特集。「“関係性”の表現をほどく」と題して、BLならではの表現や、作家の創造性に迫る内容。発売前から、登場する作家陣の豪華さや、中村明日美子の表紙イラストなどで大きな注目を集めている。



11月17日発売の『美術手帖』12月号は、ボーイズラブ(BL)マンガを表紙巻頭で大特集。「“関係性”の表現をほどく」と題し、BLをはじめ、男性の同性愛を描いた少女マンガやゲイ・コミックの“表現”に迫る内容だ。
表紙と折り込みポスターのイラストを、『同級生』(茜新社)シリーズなどで人気のマンガ家、中村明日美子が担当。また中村は、本特集のために16ページの読み切りマンガ「ボーイズラブ」を描き下ろしている。

この特集の大きな読みどころは、人気マンガ家10人のロング・インタビューだ。『大奥』(白泉社)や『きのう何食べた?』(講談社)が好評連載中のよしながふみや、BL黎明期から第一線で活躍するこだか和麻、BLをはじめ『昭和元禄落語心中』(講談社)も高い評価を受けている雲田はるこ、さらに、ヨネダコウ、宝井理人、鳥人ヒロミ、トウテムポール、はらだ、中村明日美子といった人気マンガ家のインタビューが掲載される。また、ゲイ・エロティック・アーティストとして国内外で活躍し、ゲイ・コミックの巨匠である田亀源五郎も登場する。

もうひとつ見逃せないのが、「男と仕事と制服」をテーマに、7人のマンガ家が描き下ろしたスペシャル・イラスト集だ。参加作家は、腰乃、えすとえむ、岡田屋鉄蔵、雲田はるこ、ヨネダコウ、宝井理人、トウテムポール。人気作品の過去や未来の様子や、パラレル設定を描いたものなど、ここでしか見られないファン必見の内容だ。

また、金田淳子(やおい・ボーイズラブ研究・同人誌研究/社会学者)、福田里香(お菓子研究家)、山本文子(編集者)が、BLの表現について語った座談会を収録。さらに松井みどり(美術評論家)、暮沢剛巳(美術評論家)、泉信行(漫画研究家)による論考のほか、BLの歴史についてや、世界各国のBL事情に関するコラム、初心者のためのBL入門ブックガイドも掲載する。

<特集内容>
・中村明日美子による表紙イラスト+描きおろしマンガ+折り込みポスター
・マンガ家10名のロングインタビュー
よしながふみ、こだか和麻、ヨネダコウ、宝井理人、雲田はるこ、トウテムポール、はらだ、鳥人ヒロミ、中村明日美子、田亀源五郎
・スペシャル描きおろしイラスト
えすとえむ、腰乃、岡田屋鉄蔵、ヨネダコウ、雲田はるこ、宝井理人、トウテムポール
・BL座談会:金田淳子(やおい・ボーイズラブ研究・同人誌研究/社会学者)×福田里香(お菓子研究家)×山本文子(編集者)
・論考:松井みどり(美術評論家)、暮沢剛巳(美術評論家)、泉信行(漫画研究家)
・[コラム]ボーイズラブの歴史
・[コラム]ボーイズラブ世界一周(世界各国のBL事情)
・BL入門ブックガイド

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング