約1万人の小学生に特別授業&ヤクルト配布!「ウイルスに負けるな!プロジェクト」

PR TIMES / 2014年11月28日 9時54分

株式会社ヒロモリ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:近藤彰彦)が企画・運営し、公益社団法人 全国子ども会連合会が推進している「ウイルスに負けるな!プロジェクト」は、10月下旬から11月中旬にかけて関東近郊の23の小学校へ公式リーフレットを提供、各校の養護の先生を通じて約1万人の小学生へ【ウイルスに負けないための特別授業】を実施しました。また、給食の時間にはオフィシャルパートナーである株式会社ヤクルト本社からヤクルトを提供しました。



(写真上段)2014.10.28 東京都墨田区立中和小学校での授業の様子
(写真下段)2014.11.05 東京都町田市立町田第五小学校での授業の様子

今回の特別授業で使用した公式リーフレットの内容は、公式サイト(http://makeruna.jp/)の推奨アクションページからもダウンロードが可能です。学校だけではなくご家庭でも推奨アクションをきちんと行って、ウイルスに負けない体をつくりましょう!


「ウイルスに負けるな!プロジェクト」とは?

秋冬になると毎年流行する、インフルエンザやノロウイルス。
ウイルス感染による子どもやその家族への影響は、社会的にも深刻な問題となっています。

本プロジェクトでは、ウイルス感染する子どもたちを減らし、1校、1学級でも多く学級閉鎖を減らすことを目指して、公益団体と民間企業が一体となり、秋から冬にかけて様々な啓発活動を行ってまいります。

啓発活動では、ウイルスに負けない体をつくるために大切な、3つの推奨アクションを紹介しています。


■負けないアクション その1 「からだをまもる」
ウイルス感染は、手についたウイルスが口や鼻から入ってしまったり、感染者のせきやくしゃみで飛んだウイルスを吸い込んでしまったりして起こります。そのため、「手洗い」、「うがい」、「マスク」による予防が効果的です。

■負けないアクション その2 「よくねむる」
毎日規則正しくたっぷり眠ることは、ウイルスに負けない体づくりにとっても大切です。
眠っている間に疲れが取れて、免疫力が高まります。

■負けないアクション その3 「しっかり栄養補給」
ウイルスに負けないためには、免疫力をつけることが大切。実は、ウイルスと戦える体をつくる秘訣は、腸を丈夫にすること。腸が正しく働けば、それだけ免疫力も高まります。


本プロジェクトの活動内容については公式サイトをご覧ください。
http://makeruna.jp/

また、本プロジェクトの活動にご賛同いただき、商品やサービスを通じてともに活動していただけるパートナー企業様も募集中です。詳しくは公式サイトの下記ページをご覧ください。
http://makeruna.jp/partner.html


【推進団体】
公益社団法人 全国子ども会連合会 http://www.kodomo-kai.or.jp/

【オフィシャルパートナー】
株式会社ヤクルト本社 http://www.yakult.co.jp/
株式会社デザインファクトリー http://www.designfactory.co.jp/

【企画・運営会社】
株式会社ヒロモリ http://www.hiromori.co.jp/

以上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング