本日より7日間、ベルサール秋葉原で開催 『ウルトラ有馬記念@AKIBA』開幕!!

PR TIMES / 2014年12月22日 18時36分

『ウルトラ・オープニングSHOW』に石丸幹二さん、藤岡弘、さんが登場 ウルトラマンと夢の共演!&人生初の競馬実況に挑戦!



JRA日本中央競馬会は、2014年12月28日(日)に開催される「第59回有馬記念(GI)」に先立ち、2014年12月22日(月)から28日(日)までの7日間、大人気キャラクター『ウルトラマン』とコラボレーションし、秋葉原の街をジャックするイベント『ウルトラ有馬記念@AKIBA』を開幕致しました。また、イベントの開始にあわせ、そのオープニングイベントとして『ウルトラ・オープニングSHOW』を開催致しました。

本日のイベントでは、ファンファーレからゴールまでが「約3分間」という有馬記念と、地球上での活動時間が「3分間」のウルトラマンにちなみ、「3分間のウルトラレース 有馬記念」をコンセプトとした様々なコンテンツが紹介されました。ウルトラマンが昨年の有馬記念優勝馬オルフェーヴルに騎乗した約5mもの巨大な「COUNT DOWN ウルトラ馬像」の除幕式には俳優の石丸幹二さんがゲストとして登場。「COUNT DOWN ウルトラ馬像」を目にした感想について聞かれた石丸さんは「うわー大きいな。(本物の)ウルトラマンってどのくらい大きいんでしたっけ?」とその迫力に終始圧倒された様子。

その後のトークセッションでは、アクション俳優の藤岡弘、さんも登場。競馬経験について、俳優養成所時代に友人に誘われたレースで大穴を当てたエピソードを披露しました。また、馬好きであることを聞かれると「馬は乗る方が好き。裸馬に乗って弓を放ったり、火縄銃を打ったりする。馬は乗らないと性格が分からないから、育てる調教師のみなさんに興味がある」とコメントしました。

また、“いい声”を持つゲスト2人が競馬の実況にチャレンジする場面も。石丸さんが自ら名乗り上げファンファーレを熱唱すると、客席からは自然と手拍子が起き、藤岡さんは「サムライ馬オルフェーヴル!感動をありがとう!」など、気持ちの入った実況を披露しました。

最後にイベントを振りかえっての感想を聞かれ、藤岡さんが「あきらめずに走り続ける馬をみて、我々も来年もあきらめないで走り抜けましょう!」と会場に向け呼びかけると、石丸もすかさず「ついていきます!」と答えるなど、すっかり息のあった様子でした。


世界に愛される秋葉原をヒーローたちの有馬記念がジャックする!?
12月22日(月)~28日(日)の一週間、ベルサール秋葉原では『ウルトラ有馬記念@AKIBA』を開催!
新感覚の乗馬体験ができる『ウルトラホース・ライド』や高さ約5mを誇るウルトラマンがオルフェーヴルに乗った『COUNT DOWN ウルトラ馬像』など、有馬記念を楽しめる様々なコンテンツで初日の会場は賑わった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング