Vodafone、Gartner Magic Quadrantのグローバルネットワークサービス部門において、2年連続でリーダーの評価を獲得

PR TIMES / 2020年3月12日 10時35分



Vodafone(日本法人:ボーダフォン・グローバル・エンタープライズ・ジャパン株式会社:東京都千代田区、ア
[画像: https://prtimes.jp/i/15363/4/resize/d15363-4-973420-0.png ]

ジアパシフィック地域ソリューションセールス担当バイスプレジデント Eric Wong、以下「ボーダフォン」)は本日、「2020 Gartner Magic Quadrant」のグローバルネットワークサービス部門において、2年連続で「リーダー」の評価を獲得しました。

Gartner社は、今年のMagic Quadrantにおいて、グローバルネットワークサービス市場の20のベンダーを調査しました。同社アナリストは、これらの20のベンダーを、「世界規模の固定企業ネットワークサービスの提供する企業」として定義しています。Magic Quadrantでは、WANトランスポートサービス、キャリアベースのクラウドインターコネクト、マネージドWANサービスなどの現在のグローバルネットワークサービス、およびSD-WANサービス、ネットワークオンデマンドサービス、Network Functions Virtualization(NFV)サービス、Virtual Customer Premises Equipment(vCPE)などを含む次世代のグローバルネットワークサービスが評価されています。

Vodafone Businessのユニファイドコミュニケーション&コネクティビティ担当ディレクター、ピーター・テリー・ブラウン( Peter Terry-Brown)は以下のように述べています。
「今回ボーダフォンがGartner Magic Quadrantのグローバルネットワークサービス部門のリーダーとして評価されたことを嬉しく思います。過去1年間、当社はSD-WANを含む固定ネットワークサービスの開発を継続し、この地域で最大の次世代ネットワークに成長しました。ボーダフォンは、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、アジアパシフィック地域において、お客様におけるデジタル分野の取り組みを支援していきます。業界をリードする高性能ネットワークを使用することで、これまで以上に多くの企業が恩恵を受け、結果として私たちとお客様の両方の成長につながることでしょう」

コネクティビティは、ネットワークにインテリジェンスをもたらし、ビジネスの成長を牽引することから、企業にとって重要な要素です。ボーダフォンは、セルフサービス機能と自動化機能における新しい機能拡張によって、顧客におけるエンドツーエンドの統合デジタルエクスペリエンスの実現を支援するために、創造的かつ革新的であり続けます。また、ボーダフォンは、追加のベンダーへのサポートの拡大や、vCPEおよびNFV製品などのセキュリティ製品の拡充など、マネージドSD-WANサービスへの機能拡張も実施しています。

ボーダフォンは、全ての地域における新しいプロバイダーとの連携、および新しいロケーションでのサポートによって、クラウド接続機能の提供を18の都市に拡大しました。これには、AWS、Azure、IBM、Oracleとのパートナーシップが含まれ、当社のグローバル市場における対応エリアを拡大するものです。

過去12か月間、ボーダフォンはグローバルインターネット機能も拡張し、AWS、Google、Microsoftなどの企業との直接およびサードパーティアクセスを通じて195か国をカバーするに至りました。昨年ヨーロッパでLiberty Globalの買収により、ボーダフォンは現在、この地域で最大の次世代ネットワークとなり、市場をリードするネットワークスケールをお客様に提供しています。

他のプロバイダーの中でのボーダフォンの評価と、それがお客様にとって何を意味するのかについては、Gartner Magic Quadrant for Network Services、Globalをご確認ください。Gartner Magic Quadrant for Network Services, Global

* Neil Rickard、Bjarne Munch、およびDanellie Young執筆のGartner Magic Quadrant(グローバルネットワークサービス)は、 2020年2月20日公開されました。

Gartnerによる免責事項
Gartnerは、調査出版物に掲載されているベンダー、製品、またはサービスを推奨するものではありません。また、テクノロジーの利用者に対して、最も高い評価を受けているベンダー、またはその他の指定を受けているベンダーのみを選択するよう推奨するものではありません。Gartnerの調査出版物は、Gartnerの調査組織の意見で構成されており、事実を示すものと解釈してはなりません。Gartnerは、明示または黙示を問わず、本調査に関する一切の保証 (特定目的に対する商品性または適合性の保証を含む) を行いません。

ボーダフォンについて
ボーダフォングループは、世界をリードする通信およびテクノロジーサービスプロバイダーの1つです。コネクティビティ、ネットワークコンバージェンス、IoT、および新興市場でのモバイル金融サービスとデジタルトランスフォーメーションにおける幅広い経験と実績を有しています。

ボーダフォングループは、世界約24ヶ国でモバイル通信事業を、世界中のおよそ42以上のモバイルネットワークと連携し、19の市場で有線ブロードバンド事業を展開しています。ボーダフォングループは、2019年12月31日現在、ボーダフォンのジョイントベンチャーや関連会社のカスタマー全体を含む、約6億2,500万人の携帯電話の加入者、2,700万にのぼる有線ブロードバンドサービスおよび2,200万のケーブルサービス契約者を有しています。

ボーダフォンに関する詳細については、www.vodafone.com をご覧ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング