自然エネルギー企業Looop 茨城県水戸市に自社最大の発電所 「春の木ソーラー発電所」 竣工

PR TIMES / 2016年4月1日 13時23分

第1区:3月30日(水) 第2区:4月1日(金)連系開始



 株式会社Looop(本社:東京都文京区、代表取締役社長:中村 創一郎、以下 Looop)は、茨城県水戸市鯉淵町に、Looop最大規模となる発電量5.6MWの太陽光発電設備「春の木ソーラー発電所」を竣工し、3月30日(水)と4月1日(金)に2区画に分けて連系を開始いたします。
 当発電所は、コンクリートなどの基礎のいらない単管埋設型の簡単な構造を持つ「MY発電所キット(R)」のノウハウを生かし建設された太陽光発電所です。ソーラーパネル20,988枚を使用し、自社発電所として最大規模となる、総発電能力5,610kW(一般家庭の年間使用量に換算して約1,600世帯分)の発電設備となります。年間売電収入は、約2億円と予測されています。2016年度には、3区画目となるエリア(発電能力2,800kW)の追加設置工事を予定しており、最終的な総発電能力は8,410kWとなる見込みです。
 また、 当発電所は排水や防災などを考慮し、発電所外周に植栽エリアを設けるなど、周辺の景観と環境に配慮した設計となっております。林地開発許可を取得して設置した発電所としては、水戸市最大の太陽光発電所となります。
 Looopは、今回の周辺環境に配慮した発電所の建設を通し、「自然エネルギーの最大普及」をさらに促進してまいります。
[画像1: http://prtimes.jp/i/17281/4/resize/d17281-4-954390-2.jpg ]



[画像2: http://prtimes.jp/i/17281/4/resize/d17281-4-561750-3.jpg ]


【MY発電所キット(R)シリーズとは】
「誰でも太陽光発電所のオーナーになれる」がコンセプトの低コストで高品質な太陽光発電システムのシリーズです。
1.パネル、架台、パワコン、分電盤、電材など太陽光発電所に必要な部材をオールインワンで提供
2.コンクリートなどの基礎のいらない単管埋設型の簡単な構造を持ち「自分でも作れる」シンプルなキットで工事費を大幅に圧縮
3.パワコンの出力を上回る出力のパネルをセットし、パワコンの能力を最大限引き出すことで、1日の発電量を最大化
[画像3: http://prtimes.jp/i/17281/4/resize/d17281-4-950575-1.jpg ]

■会社概要
商号   : 株式会社Looop
代表者  : 代表取締役社長 中村 創一郎
所在地  : 〒113-0033 東京都文京区本郷4-1-4
設立   : 2011年4月
事業内容
  ●太陽光発電システムの開発・販売・設置・管理
  ●自社太陽光発電所の設置・管理
  ●自然エネルギーを使用した商品の企画・開発・販売
  ●損害保険代理店事業(取扱保険会社:三井住友海上火災保険株式会社)
  ●電力小売事業
  ●電力小売事業に関わる各種業務委託業
資本金  : 499,000,000円
URL   : http://looop.co.jp

【Looopとは】
東日本大震災後の2011年4月に設立。宮城県石巻市へのソーラー発電システムの無償設置をはじめ、震災被害地へ太陽光発電で支援を行いました。その後、電力の固定価格買取制度(FIT)の開始に先んじて太陽光発電所をDIY感覚で作れる「MY発電所キット(R)」をリリース。制度開始から3年で日本全国1,400件以上の設置を達成しました。風力・水力も視野に入れた自然エネルギー専門のリーディングカンパニーを目指しています。

【本製品に関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社Looop Tel:03-5802-6209 E-Mail:info@looop.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング