地域で働く人材をスター社員へ!新たな社員区分「店舗プロフェッショナル正社員」を導入

PR TIMES / 2018年4月2日 14時1分

2018年4月1日付で23都道府県から33名が入社

株式会社バンダイナムコアミューズメント(本社:東京都港区/社長:萩原仁)は、従来の正社員に加え「店舗プロフェッショナル正社員」を新設した人事制度に変更し、初年度となる2018年4月1日付で23の都道府県から33名の店舗プロフェッショナル正社員が入社いたしました。

「店舗プロフェッショナル正社員」導入の背景
[1] 人材不足への対策とダイバーシティ推進
全国に250店舗を超える直営アミューズメント施設を展開する当社は、これまで全国勤務を前提としたナムコ正社員の「職員(いわゆる総合職)」に、各施設で採用した「パートナー社員(契約社員)」、「アルバイト」を合わせた約5千人のスタッフが施設運営にあたっていましたが、昨今の人材不足でスタッフの確保が難しくなるなか、多様なワークスタイルに対応する雇用制度の必要性が高まっておりました。
[2] リアルエンターテインメント施設への進化と拡大に向けて
本年4月1日、株式会社ナムコと株式会社バンダイナムコエンターテインメントのアミューズメント機器事業部門が統合し、バンダイナムコアミューズメントが誕生しました。
当社は「リアルエンターテインメントのコンテンツプロバイダー」として、「いま、ここにしかないエンターテインメント体験を世界中に生み出す」をビジョンに多様な業態開発と出店拡大を計画しておりますが、それには施設の運営を支え、お客さまにバンダイナムコの遊びをお届けする「人」が最も重要と認識しています。
そこで人事制度面からも「どうしてもバンダイナムコの施設で働きたい!と思ってもらえる魅力的な会社」「もっとこの施設で活躍し続けたい!と思ってもらえる夢のある会社」を目指す仕組みを検討しておりました。

当社ではこれらを踏まえ、生まれ育った地元など、自分が希望する地域に密着した働き方を原則として、店長職やお客さまの笑顔を生み出すエンターテイナー=接客専門職など、アミューズメント施設運営の仕事に特化して熱意と誇りを持って活躍し続ける社員区分として「店舗プロフェッショナル正社員」を新設することといたしました。

店舗フロフェッショナル正社員独自の「プロフェッショナルスター制度」
店舗プロフェッショナル正社員には、施設での活躍ぶりをもとに決定する5段階の「スターランク」を設け、対象者全員で次年度の5(ファイブ)スターを競う独自の制度を導入します。
毎年のスターランク審査で全国の対象者の中から「5スター社員」として選ばれると、その活躍は社内外に紹介され、特別賞与として200万円がプラスで支給されるなど、リアルエンターテインメントを提供する施設での仕事に夢を持って働ける制度としています。

アルバイトから正社員登用の道を拡充します
店舗プロフェッショナル正社員の採用は、まず全国のバンダイナムコアミューズメントの施設で働く「パートナー社員」「アルバイト」から正社員登用を実施し、アルバイトから正社員になるキャリアの機会を拡げます。
また、今後の店舗数拡大にあわせ、地域に密着してバンダイナムコアミューズメントの施設を盛り上げたい方を積極的に採用してまいります。

店舗プロフェッショナル正社員の勤務形態・その他制度など

[表: https://prtimes.jp/data/corp/33062/table/4_1.jpg ]


※ニュースリリースの情報は、発表日現在のものです。発表後予告なしに内容が変更されることがあります。あらかじめご了承ください。
※株式会社ナムコと株式会社バンダイナムコエンターテインメントのアミューズメント機器事業部門は株式会社バンダイナムコアミューズメントとしてスタートしました。
【バンダイナムコアミューズメント公式サイト 採用情報】 https://bandainamco-am.co.jp/company/job/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング