Spotify「バイラルトップ50」に2曲が2位にランクイン!無名CM音楽クリエイターの話題作、絶賛配信中!

PR TIMES / 2018年9月18日 10時1分

Kotaro Saito「BRAINSTORM」ヒット中!

2018年8月7日にリリースされたアルバム「BRAINSTORM」。同アルバムに収録された2曲が、音楽配信サイト「Spotify」の「バイラルトップ50(日本)」においてともに2位にランクイン。現在もなお「Spotify」はもちろんのこと「Apple Music」など各種プラットフォームにて配信中です。



 「国際連合」「ワコール」「Z会」など国内外の大手企業のCM音楽のプロデュース・作曲を手がけるKotaro Saito(齊藤 耕太郎)が、自身2枚目となるアルバム「BRAINSTORM」を8月7日にリリースしました。

 わずか数秒の間にメッセージを聴き手に届けることに特化したCM音楽クリエイターならではの「聴き手の具体的なアクションを促進させる音楽」というアプローチ、すなわち彼の提唱する「Life Style Music」の第1弾となる本アルバムのテーマは、アルバムタイトルからもお察しいただけるように「BRAINSTORM」。何かアイディアを考えたい、そんなシチュエーションでぜひ聴いていただきたいアルバムです。

 そして、アルバムに収録された全10曲のうち、「Brainstorm」、「秒の間」に関しては、音楽配信サービス「Spotify」の「バイラルトップ50(日本)」に共に2位にランクイン(※)。同アルバムに収録された楽曲は「Spotify」上の世界中の様々なリスナープレイリストに130個、国内の有力公式プレイリスト7個にて楽曲を紹介されています。(2018年9月16日現在)

「Brainstorm」Spotifyリンク( https://goo.gl/sqrfNT
「秒の間」Spotifyリンク( https://goo.gl/dnkkFQ

※「Brainstorm」(2018年9月1日~9月4日「2位」)、「秒の間」(2018年9月10日~9月11日、9月15日~9月16日「2位」)詳細はSpotify Charts( https://spotifycharts.com/viral/jp/daily/latest)にて。

 エンドユーザー向けの音楽市場においてほぼ無名の彼がいかにして短期でこのような結果を出したのかに関しては、さまざまな領域のクリエイターがオリジナルコンテンツを配信できるサービス「note( https://note.mu/kotarosaito)」においてアップされているので、こちらに関してもご覧いただければ幸いです。

 決して「売れる音楽」をマーケティングしてアウトプットするのではなく、現代を生きるリスナーのインサイトをマーケティングにより抽出し、そこから先は感性によって創造する。そんな彼がつくる「Life Style Music」第1弾をぜひ、お楽しみください。

参考:
「BRAINSTORM」Spotifyリンク  https://goo.gl/kBCeJB
「BRAINSTORM」その他配信リンク  https://linkco.re/d9FdPN7V
Kotaro Saito note  https://note.mu/kotarosaito
Kotaro Saitoオフィシャルサイト  https://www.kotarosaito.com/

Kotaro Saito各種SNS
Twitter  https://twitter.com/kotarosaito1211
Instagram  https://www.instagram.com/kotaro_saito/


[画像1: https://prtimes.jp/i/36431/4/resize/d36431-4-631058-0.jpg ]


Kotaro Saito 「BRAINSTORM」

Brainstorm
Muse(ワコール企業CM ”what is YOUR beauty?”篇テーマ)
Dolphin
INOCHI
Love Song
Labdanum
Je Suis(Harper’s BAZAAR 映像作品テーマ)
秒の間
恋し君に
逆光



[画像2: https://prtimes.jp/i/36431/4/resize/d36431-4-731208-1.jpg ]


Kotaro Saito(齊藤 耕太郎)
作曲家 / 音楽プロデューサー

思春期をインドで過ごし、独学で作曲とピアノを習得。慶應義塾大学卒業後2009年博報堂に新卒入社し、メディアビジネスを学ぶ。その後、27歳で独立しCM音楽クリエイターに。国際連合、パナソニック、Z会、ワコールなど国内外大手クライアントのCM音楽を手掛ける。現在は、CMなどの映像音楽の制作と並行して、日本を代表するさまざまなジャンルの音楽関係者とともに、日常生活におけるシーンをより活性化させるための「機能する音楽」の開発・制作を行うレーベル「MuLogica (ムロジカ)」をスタート。今後の動向に注目が集まる。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング