【事後レポート】デザイニウム、台湾の「2019 NTPC Children’s Art Festival」に大型ボールプールデジタルアトラクション「Bubble World」を出展し、8千人を動員

PR TIMES / 2019年9月13日 13時40分

~ボールを使ってモンスターを倒せ!大型デジタルボールプールアトラクション~

株式会社デザイニウム(本社:会津若松市、代表取締役:前田諭志)は、台湾・新北市で2019年8月2日(金)~8月11日(日)に開催された「2019 NTPC Children’s Art Festival」にて、体験型デジタルコンテンツ「Bubble World」を展示し、7日間で8,200名を動員しました。体験型の展示では唯一海外から招待されました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/43186/4/resize/d43186-4-769697-0.jpg ]

■作品
「Bubble World」は、子供達にボールプールをもっと楽しく遊んでもらうために作ったデジタルコンテンツです。会津若松市で開催された「デジタル未来アート展」で展示したボールシュートのアップデート版で、子供向け体験型知育コンテンツを数多く提供しているデザイニウムが台湾のChiao Friendlyと協力することで、日本だけではなく国外でも子どもたちに楽しんでもらえる機会を増やしていきたいと考え制作しました。
http://www.newtaipei-summer.tw/page/museumPages.html?4

■展示内容
大型のボールプールと壁面を使用したコンテンツで、壁面に映し出されたモンスターにボールを当てると、投げ方やあたり方によってスクリーンが様々に変化します。モンスターは東北の民芸品をモデルにしたもので、赤べこや起き上がり小法師、なまはげなどを可愛くデザインしており、子供たちが大好きな大型のボールプールをより楽しめるコンテンツとなりました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/43186/4/resize/d43186-4-641977-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/43186/4/resize/d43186-4-518662-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/43186/4/resize/d43186-4-852162-3.jpg ]

Photo by CanXing Wu & Summer Yen

■機材構成
測距センサー4台、日立LGセンサー2台、プロジェクター7台を使用し、最大30名が同時に遊ぶことが出来ました。
[画像5: https://prtimes.jp/i/43186/4/resize/d43186-4-175532-4.jpg ]


■開催概要
2019 新北市兒童藝術節
(2019 New Taipei City Children’s Art Festival)
期間: 2019年8月2日(金)~8月11日(日)
会場: New Taipei City Square, New Taipei City Hall Lobby
161 Zhongshan Road, Banqiao District, New Taipei City
主催: 新北市政府文化局
URL: http://www.newtaipei-summer.tw/

■「遊んで学んで」シリーズについて
「遊んでいるうちに学べる」をコンセプトに、様々な体験型の知育コンテンツやワーショップを展開しています。
URL: https://www.asomana.club/

■ChiaoFriendlyについて
台湾に拠点を置くインタラクティブコンテンツ制作会社です。
代表者: 劉柚佑 (Liu, Yo Yo)
URL : https://www.facebook.com/chiaofriendly/

■日立LGデータストレージ製 3D LiDAR(TOF) モーションセンサーについて
http://hlds.co.jp/product/

■株式会社デザイニウムについて
最新テクノロジーやデバイスを活用して「楽しくて心地よい」をテーマに、様々な体験型コンテンツを開発している企業です。
所在地 : 〒965-0878 福島県会津若松市中町1-40
東京事務所 : 〒141-0031 東京都品川区西五反田2-25-1
資本金 : 10,000,000円
代表者 : 代表取締役 前田諭志
URL : https://www.thedesignium.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング