【ウィズ・コロナ時代の新しいツーリズムコミュニケーションツール】

PR TIMES / 2020年7月27日 11時40分

客室が地域のショールームに!体験マッチング「cocodake」(ココダケ)開始!飛騨~下呂温泉地域の有名高級旅館 5宿に先行導入決定!客室を「体験空間」に広げるタブレットサービス

ツーリズムデザインによる地方創生と日本旅館をハブとした地方の魅力発信強化に取り組む、あめつちデザイン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役兼CEO:霜竹 弘一、以下「あめつちデザイン」)は、2020年8月に、旅館・ホテルの客室を、訪れる旅行者にとっての「体験の空間」として活用するタブレットサービス「cocodake」(ココダケ https://ametsuchi-design.co.jp/cocodake/)を開始することをお知らせいたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/44851/4/resize/d44851-4-148551-0.jpg ]


報道関係者各位
2020年7月27日
あめつちデザイン株式会社


[画像2: https://prtimes.jp/i/44851/4/resize/d44851-4-918095-2.png ]


■サービス概要 (cocodake URL : https://ametsuchi-design.co.jp/cocodake/)
「cocodake」は地方にある旅館・ホテルの客室を、訪れる旅行者が「体験の空間」として活用できる新しいツーリズムコミュニケーションツールのタブレットメディアです。
旅館の客室で他者との接触を控えた状態で、地方の魅力や「ココだけ」でしか見られない、手に入らないモノ(農産物・特産品など)やコト(農業体験・エコツアーなどの体験)を調べて、購入・申し込みを行えます。地域の生産者や体験提供者と国内外の旅行者を「cocodake」のプラットフォーム上でつなげる旅館発信型の多言語「体験」マッチングツールです。

■サービス開始の背景
日本の各地に、都会暮らしの人々やインバウンドツーリストにとっての非日常的「体験」が多く存在します。
私たちは、宿に滞在するたびに、地元職人の匠の技が詰まった工芸品や、珍しい地元野菜、お米の美味しさなどに触れて感動したり、農業体験・モノ作り体験・川下りなどのアクティビティ等を通して、地域ならではの奥深く華やかな文化や芸能に強く興味を惹かれたりします。しかし、現状は旅行者と「コト」「モノ」をつなぐツールは限られており、旅行者が地域の魅力に触れる機会は不足していると感じます。
ツーリストは最短でも19時間ものあいだ宿に滞在します。わたしたちは、宿が地方の魅力を伝えるショールームとして、価値を体験する場として、様々な体験とのマッチングの場として、大きな可能性を秘めた接点であることに着目しました。また、本サービスが新型コロナウィルス感染拡大の影響で大きな打撃を受けた全国の旅館、宿泊施設が地域一丸となって活気を取り戻す一助になると考え、リリースに至りました。

■「cocodake」の導入が決定している宿泊施設
導入を決定した宿泊施設はあめつちデザインの新しい地方創生コンセプトに賛同するとともに、新型コロナウィルス感染拡大により減少したお客様との接触機会を補うべく本サービスを通した情報提供を試みるなど、お客様に安心・安全をお届けするために様々な対策を講じています。あめつちデザインは旅館の皆様、地域の皆様と共に本サービスを創って参ります。

【奥飛騨エリア】
隠庵 ひだ路  https://www.kakurean.com/
料理旅館 奥飛騨山草庵 饗家  http://www.okuhida-kyouya.com/
【飛騨高山エリア】
飛騨亭 花扇  https://www.hanaougi.co.jp/
【飛騨古川エリア】
料亭旅館 八ツ三館  https://www.823kan.com/
【下呂温泉エリア】
懐石宿 水鳳園  https://www.e-onsen.co.jp/

■今後の展望
旅館業、旅行業に携わる皆様にこの難局を乗り切って頂くための助成金診断・申請代行の『あめつちサポート』や『コロナ緊急対策広告パッケージ』などの支援サービスを開始しました。さらに「cocodake」を加え、旅館、宿泊施設の支援を多面的に展開して参ります。
日本では今、これまでにない急激なスピードで少子高齢化が進んでいます。また、都市部への過度な人口集中も変わらず進んでおり、このままでは地方の経済や健全な暮らしが立ち行かなくなる可能性が指摘されています。
日本がこれまで育み、大切に守り受け継いできた多くの輝きは、地方の自然と人々の暮らしの中にあります。私たち「あめつちデザイン」は、人間と環境を中心に据えた<顧客体験デザイン>と<デジタル技術>を用いて、日本の各地が持つ美しい自然や奥深い文化、受け継がれる伝統やものづくりの技能など、様々な魅力を国内外に発信し、地方のツーリズムを変革することにより<地方創生>に取り組んでまいります。

<代表プロフィール>
 代表取締役兼CEO 霜竹 弘一
[画像3: https://prtimes.jp/i/44851/4/resize/d44851-4-106707-1.png ]

大学卒業後、総合商社で8年間プロジェクトファイナンスに従事。その後単身インドネシアに渡り旅行の新業態サービスで起業。バリ島のオンライントラベルのカテゴリ(LYCOS)でトップになる。現ベルトラ社(当時アラン株式会社)とのM&Aで同社執行役員・CMOを務めた後に帰国。いくつかの企業で新規事業を展開、2011年システム開発会社にてプロジェクトマネージャー、取締兼執行役員を歴任。2019年、あめつちデザイン株式会社を設立。ツーリズムと、デジタル技術の知識と経験を生かして、日本の地方創生に取り組んでいる。

______________________________________________
<会社概要>
会社名: あめつちデザイン株式会社
本社:〒102-0074 東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F KSフロア
代表者:代表取締役兼CEO 霜竹 弘一
設立:2019年7月
資本金: 14,800,000円
URL: https://ametsuchi-design.co.jp/
事業内容:
・顧客体験向上コンサルティングによるツーリズムデザイン事業
・地方創生 体験コマース事業

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング