AI校正・校閲ソリューション『AI editor』 株式会社WEBマーケティング総合研究所へのサービス提供開始

PR TIMES / 2020年3月5日 11時5分

ホームページコンテンツ記事の校正・校閲の業務効率化の実現

株式会社ミラセンシズ(本社:東京都中央区、以下ミラセンシズ)は、『あきばれホームページ』( https://www.akibare-hp.jp/)を運営する株式会社WEBマーケティング総合研究所(本社:東京都新宿区、以下WEBマーケティング総合研究所)の、コンテンツ作成における校正・校閲の業務支援ツールとして、AIを活用した自動文章校正・校閲ソリューション『AI editor』のサービス提供を開始しました。昨秋から導入検証を進め、業務効率化や専門知識の属人化解消といった効果が得られ、正式に採用されることとなりました。



[画像: https://prtimes.jp/i/48611/4/resize/d48611-4-306859-2.jpg ]



◆WEBマーケティング総合研究所でのコンテンツ作成業務効率化と専門知識の集約を目的に『AI editor』を導入
『AI editor』はAI・機械学習に精通した技術者集団のミラセンシズが提供する、最先端のAI・機械学習技術を活用した文章校正・校閲ソリューションです。BERTをはじめとする最新鋭のDeep Learning技術が組み込まれた、独自開発のテキスト解析エンジンによって文章校正・校閲にかかる時間短縮を実現します。

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=P8xnO5jwHiA ]



『AI editor』が搭載する文章校正・校閲機能の一例


"て・に・を・は"を始めとする助詞や漢字の誤字脱字検出
タイプミス検出
同一原稿内での不一致単語(表記揺れ)検出
商標、差別語・不快語などに標準対応した校正・校閲ルール違反検出
業務に即したオリジナルの校正・校閲ルール作成/登録

ビジネス用ホームページの作成支援サービスである『あきばれホームページ』( https://www.akibare-hp.jp/)を展開しているWEBマーケティング総合研究所では、ホームページに入稿するコンテンツ記事の文章校正・校閲を行う入稿チェックの業務量や専門知識の属人化を課題としており、業務効率化と専門知識の集約を目的に『AI editor』の導入検証を実施されました。入稿チェックの現場に『AI editor』を導入し、校正・校閲業務の効率化を図るだけでなく、コンテンツ記事のライターには『Googleドキュメント版 AI editor』を提供することで、コンテンツ作成時点での誤りも低減。また、納品前チェックの担当者には『GoogleChromeエクステンション版 AI editor』を提供することで、最終的な確認作業の効率化も実現しました。

ミラセンシズでは今後も、文章の校正・校閲業務のさらなる効率化/生産性向上に向けて『AI editor』の機能拡充を展開していきます。

■社名:株式会社ミラセンシズ
■設立:2015年8月3日
■所在地:東京都中央区京橋2丁目7−14 ビュレックス京橋 215
■資本金:1,000,000円
■事業内容 :スマートフォン、PCなどのアプリケーションの企画、開発、設計、製作およびメンテナンス・各種マーケティングに関する情報収集、企画に関する業務・インターネットを利用した各種情報提供サービス・印刷、出版物の企画および制作
■Webサイト: http://mirasenses.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング