株式会社コペルでは、サーモグラフィーカメラDC77の取扱を開始しました

PR TIMES / 2020年8月28日 11時45分

新型コロナウイルス、インフルエンザなどの感染症対策として、サーモグラフィーカメラを販売開始。最大20人同時に計測、顔認証機能、マスク感知機能など高機能、起動時間も5分程度で実用的。

時代はWith コロナ 突入
お客様、従業員、会社、事業を守るためのソリューション
入り口で自動で体温測定
人が体温を測る必要はありません



[画像1: https://prtimes.jp/i/49806/4/resize/d49806-4-486416-1.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/49806/4/resize/d49806-4-779732-0.png ]

温度誤差±0.1℃以内、検知誤差±0.3℃以内
高精度ブラックボディ(黒体)を本体内に内蔵
3−6mの距離から、カメラの前に立って最短0.2秒で、非接触体温計測(※1)を実現

株式会社コペル(本社:東京都港区、代表取締役:中山寛樹)は、新型コロナウイルスを始めとする感染症対策に向けて、役所やホール・駅・病院といった公共施設、ホテルや店舗などの商業施設、オフィス、オフィスビルなどの不特定多数の人が集まる場所における発熱者検知ソリューションとして、「非接触 発熱者感知サーモグラフィーカメラ(自立スタンド型) DC77」の販売を開始しました。

(※1: 「本製品は、正確な体温を測定するものではなく、体表面を測定する事によって、発熱者を入館/入室/入場等をさせない事を目的とした監視モニタリング機器となります。そのため、人の疾病の診断、治療、予防に使用されることを目的とはしておらず、医療機器に該当するものではありません。もし発熱者を感知された場合は、医療用体温計での測定をお願いいたします」

【主な機能】



マスクをつけたまま顔認証
マスク感知、未着用アラート機能
設定体温以上でアラート機能 (アラート、メール、パトライト通知)
タッチパネル式インターフェイス
起動5分で測定可能
初期設定不要
サーバー、PCなどは不要 (複数台のデータをサーバー連系で一元管理も可能)
オフラインでも利用可
顔登録による不審者検知(学校、保育園、会社など、特定の人々が出入りする施設を想定)
多言語対応
オンラインアップデート


【お取扱い代理店】
株式会社コペル
担当 中山
nakayama@koper.tokyo

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング